「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

故郷の親が老いてきた!
~遠距離介護の上手な方法とは~

太田差惠子 おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリスト
ファイナンシャルプランナー
NPO法人パオッコ理事長

提供する価値・伝えたい事

高齢少子化、核家族化で、老親と子が別居することが当たり前の社会になった。別居で、いざ介護が必要になったときにどうすればいいか、悩んでいる子世代はひじょうに多い。
同居が難しいなら、別居のままでも介護はできる。無理をしすぎない。抱え込まない。自分たちの暮らしも大切にしながら、親をケアする方法を知ろう。仕事や子育て、地域活動、趣味との両立をめざす。いろいろなサービスを使おう!味方を増やそう!

内 容

遠距離介護の課題とは?
 1、時間  自分自身の生活も大切にしたいという思い・・・。
 2、お金  できる範囲で。親のお金も使う。
 3、体力  自分の体力を過信しない。
 4、価値観 親世代と子世代は違って当たり前。
 5、サービスをつかいこなす 情報収集。親のできなくなったことを補う。
 1回。または、2回の連続講座。

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.