「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

ワーク・ライフバランスセミナー
介護と仕事、両立で乗り切る知恵と戦略

太田差惠子 おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリスト
NPO法人パオッコ理事長
ファイナンシャルプランナー(AFP)

想定する対象者

企業、団体の労働組合、福利厚生にて40~50代対象
団塊世代が退職し、企業、団体側では、親の介護で離職してもらいたくない背景あり。
一方、社員、組合員自身は「もし、親に介護が必要になれば仕事をけいぞくできるのだろうか」という不安を抱えている。

提供する価値・伝えたい事

少子高齢化により、誰にとっても親の老いは気がかりなテーマとなっています。
もし、親が倒れたら仕事をどうするか。働きながら親をみる必要に迫られるケースが増えてきました。
人にはできることはたくさんあるけれども、できないこともたくさんあります。
仕事を辞めたからといって、スムーズな介護ができるわけではない。
発想を転換すれば、うまく両立をはかることができるはず。そのポイントをお伝えします。

内 容

1、介護者の立場・要介護者の立場
・介護抱え込みのメカニズム
 「大事な親」「自分しかいない」「自分さえ、がんばれば」→親の介護が必要な、30~40代サラリーマンは職場で仲々そういう相談が出来ないのが現状


2、大切なのは戦略
・チームを組む   家族 専門職(ケアマネジャー、医師など)
・ビジョンを練る  目指すはゴールではなく、ライン
・情報を収集する  サービスの種類は4つ
・介護資金をプランする  介護費用は本人手当が基本
・時間を調整する  優先順位付け


3、「家族介護はただじゃない」
 親の介護にいくらお金をかけれるのか?知っておく「いくらかかるか?」ではなく「いくらかけれるか?」
・仕事は継続の方向で 辞めたら、ほんとにバンバンザイ?
・職場の介護休業の内容を確認
・育児の現場も変わったように、介護の現場も変えることが必須


4、効果の確認と軌道修正
・ビジョン通りにうまくいかない場合
・相談窓口の活用  地域包括支援センターなど

5、自分自身を大切に
*キーワード 「取材記者」「大風呂敷」「時代背景」

スタッフからのコメント

仕事と介護の両立に悩む方が増えています。企業としては大切な人材を失いかねず、個人としては生活設計が根底から崩れかねません。
20年にわたる取材活動より得た豊富な事例を基に、「仕事と介護を両立させる知恵」をお伝えます。
豊富な取材経験の中からさまざまな介護の実態や、いざ自分の介護する立場になった場合、何が大事かということが、不安感掻き立てられることなく、前もって安心した心の準備ができる内容です。
(労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.