ビジネスマンの介護心得
~老親介護とお金~

太田差惠子
おおたさえこ

福祉・介護

太田差惠子
おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリスト NPO法人パオッコ理事長 ファイナンシャルプランナー(AFP)
講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました

想定する対象者

企業、団体の労働組合、福利厚生にて40~50代対象
団塊世代が退職し、企業、団体側では、親の介護で離職してもらいたくない背景あり。
一方、社員、組合員自身は「もし、親に介護が必要になれば仕事をけいぞくできるのだろうか」という不安を抱えている。

提供する価値・伝えたい事

介護には、戦略が必要です。情報戦といっても過言ではありません。しっかりとした情報を得ることにより、親にとっても子にとってもスムーズな介護をおこなうことが可能となります。
お金のことも、しっかりかんがえましょう。
社員や組合員には、「たとえ介護が発生しても、仕事を継続できそうだ」という安心感を得てもらうことがネライです。

内 容

1、介護者の立場・要介護者の立場
   ・介護抱え込みのメカニズム
   「大事な親」「自分しかいない」「自分さえ、がんばれば」

2、大切なのは戦略
   ・チームを組む  
   ・ビジョンを練る  
   ・情報を収集する  
   ・介護資金をプランする  

3、「家族介護はただじゃない」
   ・仕事は継続の方向で 辞めたら、ほんとにバンバンザイ?
   ・職場の介護休業の内容を確認
     
4、効果の確認と軌道修正
   ・ビジョン通りにうまくいかない場合
   ・相談窓口の活用 

5、自分自身を大切に

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別