「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

クラスにひとりは必ずいる!? 
〜セクシュアル・マイノリティの子どもたち〜

杉山文野 すぎやまふみの

トランスジェンダー活動家
株式会社ニューキャンバス代表取締役

想定する対象者

セクシュアル・マイノリティの子どもに対するいじめは後を絶ちません。
教職員の方や保護者の方へ、セクシュアル・マイノリティに関する正しい知識をお伝えすることは、クラスにひとりは必ずいるであろう当事者の子どもたちを救うだけでなく、その他まわりの子どもたちが「加害者」にならないためにも必須の知識であることは間違いありません。
セクシュアル・マイノリティの当事者はもちろんのこと、全ての人がそれぞれ、何かしらの「生きづらさ」を抱えていることと思います。この講演では、性別・年齢・職業・国籍・宗教などのカテゴリーやジャンルを問わず、多様化する現代を生きる一人でも多くの方にお伝えしたいと思っています。

提供する価値・伝えたい事

何で僕にはおちんちんがないのだろう? 幼稚園の入園式の時にはスカートをはかされ泣いて逃げ回りました。
女体の着ぐるみを身につけたような毎日を過ごし、フェンシングで「女子」の日本代表に入るもその先の性別適合手術を見据え引退。その後、本の出版という形でカミングアウトしたところ、全国の当事者からのメールが殺到。未だに誰にも言えないという当事者たちの悩みと一緒に歩みながらも、家族・恋愛・就職・法律など、自身も壁にぶつかる日々。しかし、そんな壁すら楽しみながら過ごす毎日。大学院の研究テーマ「セクシュアルマイノリティと教育」と性同一性障害である自身のエピソードを織り交ぜ、性について楽しく真面目にわかりやすくお話します。セクシュアリティに関する正しい知識だけでなく、自分との向き合い方や苦難をどう乗り越えるかなど経験をもとにお話させていただき、誰もが抱えるそれぞれの「生きづらさ」を乗り越えるヒントをお伝えしていきます。

内 容

LGBTという言葉をご存知でしょうか?

 これはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字を取った、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す総称です。ここ数年でメディアや公的機関にて広く使われる言葉となりました。欧米ではアーティストからビジネスパーソンまで、カミングアウトをした上で活躍する人が増えていますが、日本ではどうでしょうか。
 おねぇ系と呼ばれるタレントがメディアを賑わしていますが、これでは性に対する偏った知識やイメージだけを蔓延させてしまいます。結果、未だに差別や偏見を恐れてLGBTであることを隠して生活している人が大多数というのが現実。

2015年に入ってから某大手企業が7万人を対象にスクリーニング調査を行ったところ、7.6%がLGBTであると回答したとの報告がありました。これは日本で7%程度とされる左利きや血液型AB型の人たちとほぼ同じ割合となります。

 性同一性障害である自身の経験を綴った拙著「ダブルハッピネス」(講談社)を出版してから、私のところには北海道から沖縄まで、中学生から60代まで、数千を超える当事者からのメッセージが届き、そのほとんどの方が未だに誰にも言えず苦しんでいるというものでした。その中には残念ながら自ら命を絶たれた方もいます。また、今まで中・高・大学で講演を行えば、ほぼ必ずと言っていいほど、当事者の生徒さんから「自分もそうなのだがまだ誰にも言えない」「友達からカミングアウトを受けたのだがどう対応してよいのかわからない」といったメールを後から頂くことになります。

 性同一性障害の子どもをめぐる教育現場の対応としては、ここ数年、埼玉県の公立小で男児に女児としての通学を認めたり、鹿児島県の公立中が女子生徒に男子制服の着用を認めたりした例がありました。2010年には、心と体の性が一致しない性同一性障害の児童や生徒への対応について、文部科学省から教育相談を徹底することや医療機関との連携を求める通知が都道府県教育委員会などに出されたことと思います。

 大学院にて研究いたしました「セクシュアルマイノリティと教育」と性同一性障害である自身の経験を織り交ぜ、映像やパワーポイントも使用し、誰にでもわかりやすく楽しく、そして真面目にセクシュアリティや多様性・人権などについてのお話をさせていただきます。

根拠・関連する活動歴

「ダブルハッピネス」(講談社)
NPO法人 ハートをつなごう学校代表理事
渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.