「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

杉山文野 (K-9198)

  • HOME »
  • 杉山文野 (K-9198)

杉山文野 すぎやまふみの

トランスジェンダー活動家 株式会社ニューキャンバス代表取締役

「トランスジェンダー」という言葉がまだ世に知られていなかった2006年に、早大大学院生時代に全国へカミングアウト。今では多様なセクシュアリティの人々が様々な形で活躍するがその先駆けとなる。セクシュアリティだけでなく、それぞれが抱える「生きづらさ」を打開するヒントを伝える。

実践者
その他ビジネストピック 人権・平和

杉山文野のプロフィール

■職歴・経歴
1981年 東京都新宿区生まれ。
1984年 日本女子大学附属幼稚園入園。附属の小・中・高校へ進学。
2000年 早稲田大学教育学部入学
2004年 早稲田大学教育学部卒業。同春、同大学院教育学研究科入学。
      4月 フェンシング日本代表入り。世界選手権出場。
2006年 自叙伝『ダブルハッピネス』を講談社より出版。
     性同一性障害と診断を受けた自身の経験をストレートかつポップに語ったことが話題を呼び、
      韓国語翻訳やコミック化へ。
2007年 大学院卒業後、渡英。その後世界一周をスタート。
      世界約50カ国+南極を駆け巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。
2009年 帰国。かねてより興味のあった大手外食系企業に就職。
2012年 退職。
      子ども達へのフェンシングの指導や全国の学校・企業での講演・メディア活動を再開。
      NHK教育「Our Voices」ではMCを務める。
2014年 LGBTセンターの先駆けとなる「カラフルステーション」を渋谷区神宮前にオープン。
2015年 日本最大のLGBT啓発イベント『特定非営利活動法人東京レインボープライド』共同代表理事
      に就任。
      渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員に就任。
      全国的に話題となった『渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例』で
      日本初となる同性パートナーシップ証明書発行に携わる。
2019年 現在は飲食店の経営をする傍ら、各地での講演活動・メディア出演など活動は多岐にわたる。
■専門分野
多様性/人権/LGBT/セクシュアリティ/いじめ/社会問題/リーダーシップ
■主な著作物、その他活動
『ダブルハッピネス』(講談社)
【メディア掲載/出演】
「特ダネ!」 フジテレビ
「スッキリ」日本テレビ
「ニュース23」TBS
「Our Voices」NHK教育 MC出演(2012-2014)
「探検バクモン」NHK  「あさイチ」NHK
「ひと」 朝日新聞
「日本の論点2007」 文藝春秋 他多数

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権講座

<受講者への貢献> 当事者の方の貴重な話をお聞きでき、自分たちに何がで....

徳島県
2018/06月
官公庁
母と女性教職員の会

<受講者への貢献> 集った人々の感想から、たいへん好評でしたし、新たな....

三重県
2018/01月
学校・PTA
人権啓発講演会

<受講者への貢献> LGBTに関しては今まで啓発講演会として取組んで来....

三重県
2017/08月
官公庁
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 受講者アンケート結果では,100%講座は有意義であ....

茨城県
2017/01月
官公庁
人権講演会

<受講者への貢献> アンケートでも好評。集客も上々。.

東京都
2016/12月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

その他ビジネストピック はじめてのLGBT 
〜ビジネスにおけるLGBT対応について〜

2015年春、某大手企業が7万人を対象にスクリーニング調査を行ったところ、7.6%がLGBTであると回答したとの報告がありました。これは日本で7%程度とされる左利きや血液型AB型の人たちとほぼ同じ割合...

プランへ移動

人権・平和 ダブルハッピネス 辛さが2倍なら楽しさも2倍!
誰もが抱えるそれぞれの「生きづらさ」を乗り越えるヒント

LGBTという言葉をご存知でしょうか?  これはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字を取った、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す総称です。ここ数年でメディアや公的機...

プランへ移動

人権・平和 クラスにひとりは必ずいる!? 
〜セクシュアル・マイノリティの子どもたち〜

何で僕にはおちんちんがないのだろう? 幼稚園の入園式の時にはスカートをはかされ泣いて逃げ回りました。 女体の着ぐるみを身につけたような毎日を過ごし、フェンシングで「女子」の日本代表に入るもその先の性別...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

セクシュアルマイノリティという新しい人権課題について、自身の体験に基づいて丁寧にお話し下さいます。参加者からも「勉強不足だとわかった」「マイノリティの人々が自分らしく生きられる世の中になるためには、まず知ることだと思った」などの感想をいただきました。また、主催された担当者の方からも「まだまだ馴染みが無いテーマながらも参加者の関心の高さが窺え、意義深い講演会となった」とのこと。講師の気さくで明るいお人柄で、講演中はもちろん、講演前後においても終始和やかに進めることができたと好評です。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別