「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

新型コロナの動向と企業の対策課題

進藤勇治 しんどうゆうじ

産業評論家 (元通産省企画官、前東京大学特任教授)

想定する対象者

企業経営者
団体役員、職員
経営幹部、中堅・若手社員
事務系社員、技術系社員
ZOOMによるリモート講演などにも対応致します。

提供する価値・伝えたい事

コロナと世界経済の動向を展望しつつ、日本経済における感染症拡大の影響を的確に把握します。コロナの事態に対処するための情報と企業が取るべき方策を説明します。企業は事業計画の見直しや社内体制の変革などを適切に行うことにより、コロナの難局を乗り越えて新たな発展が図れます。また、コロナ対策・対応で事業を成功させた企業の事例を紹介いたします。

内 容

(1)新型コロナウイルス感染症を正しい理解と動向把握
(2)感染症の世界と日本経済への影響と今後の予測
(3)感染症の業界・業種別の影響と対策
(4)個々の企業の取り組むべき課題と対策
(5)経済の転換期と企業活動の再編
(6)コロナ対策・対応の成功企業の事例


※上記の他、ご希望の講演事項がございましたら事前にご連絡下さい。出来うる限りご要望に沿った内容で講演を行います。
※新型コロナウイルス感染症の三密防止の観点から、ご要望がございましたら、Web、オンラインでの講演や、講演動画提供などの方法での対応も出来ます。どうぞ、事前にご相談ください。
※「新型コロナの動向と中小企業の対策課題」「新型コロナの動向と地域経済の対策課題」「新型コロナの動向と日本農業」というようなテーマでも講演致します。

根拠・関連する活動歴

通商産業省に勤務して経済・産業問題に長く携わりました。産業評論家として国内産業とグローバル経済を分析して講演や執筆活動を行っております。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.