「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

『若手社員をめぐる新型労務リスク対策セミナー』
~"ブラック企業"のレッテルを貼られないために~

毎熊典子 まいくまのりこ

特定社会保険労務士、上級リスクコンサルタント、日本プライバシーコンサルタント協会認定プライバシーコンサルタント

想定する対象者

【セミナー対象者】
 経営者、人事労務担当者、総務・法務担当者、コンプライアンス担当者 ほか

 「報・連・相ができない」、「何でもネットに書き込む」、「厳しく指導するとパワハラだと主張する」、「メンタル不調で休職・復職を繰り返す」、「すぐ辞めてしまう」、「退職後に残業代の請求をしてくる」・・・ここに挙げたのは20代・30代の若手社員によく見られる傾向ですが、こうした若手社員が示す思考・行動の傾向が、さまざまな問題を職場において発生させています。
 また、ネット上で若者の間に広まった"ブラック企業"問題は、いまや社会問題となりつつあり、様々な影響を企業に与えるようになっています。

提供する価値・伝えたい事

セミナーでは、広がりを見せるブラック企業問題について解説し、また、若手社員をめぐる労務トラブルの事例を紹介しながら、トラブル回避のための対策について解説いたします。

内 容

【セミナーの概要】
Ⅰ労務リスクマネジメントの重要性 
 1 労務リスクとは
 2 労務リスクが高まる要因
 3 労務リスクマネジメントを困難にする新型労務問題

Ⅱ広がる「ブラック企業」問題
 1「ブラック企業」とは
 2厚生労働省等による「ブラック企業」対策
 3「ブラック企業」という言葉がもつ「負のパワー」
 4「ブラック企業」のレッテルを貼られることによる影響
 5「ブラック企業」呼ばわりされないために

Ⅲいまどきの若手社員を巡る労務問題
 1 若手社員を巡る労務トラブルの傾向
 2 増加するメンタルヘルス不調者の問題
 3 早期退職の問題
 4未払い残業代請求の問題
5従業員によるネットトラブルの問題

Ⅳ労務リスク対策のポイント
 1 企業を取り巻く様々な労務リスク
 2 労務トラブル発生による企業の損失
 3 労務リスク対策の基本は予防

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.