『人材格差は組織格差』と言われている昨今において、組織内での人づくり・人材育成は何より大切な部分であり、組織を成長させる上での根幹と言えます。

組織において自ら考え、そして行動できる自律型人材をいかに育てるか。
小さな組織単位でのリーダーが数多く育っている状態が、理想的で形ではないかと思います。
結果として自律型組織を目指すことができ、相乗効果で周りの人たちも自然と成長していくのではないでしょうか。

そのためのきっかけづくりとして、実際に人材育成に携わったり、見識の深い方のお話を聞いてみるのはいかがでしょうか。

自分で問題解決できる選手を育てる

古賀稔彦 こがとしひこ
バルセロナ五輪柔道金メダリスト
古賀塾塾長
中・高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。日体大進学後”平成の三四郎”の異名をとり、バルセロナ五輪では金メダル、アトランタ五輪では銀メダルを獲得。現在は、古賀塾塾長、IPU環太平洋大学体育学部体育学科教授、女子柔道部総監督を務め、2014年全日本柔道女子強化委員に就任。

谷本選手がアテネオリンピック、北京オリンピックで金メダルを取れたのも、「ぶれない目標」 があったからです。 私の指導の基本は、選手自身の問題解決能力を高めさせること。 つまり「自分で闘える選手」を育て… (続きを読む)

部下を動かす管理職(リーダー)の話し方
~質問力が部下のやる気を育てる~

今泉 清 いまいずみきよし
パフォーマンスコンサルタント
ラグビー元日本代表
ラグビー日本代表として数々の輝かしいキャリアを持ち、2001年 現役を引退。早稲田大学やサントリーフーズのコーチとして後進の指導に注力。また、2005年に早稲田大学大学院公共経営研究科に進学し、公共経営修士を取得。ラグビーを通じて取得した「組織論」は企業組織にも生かせると定評がある。

リーダー(上司)の言葉は有益にも有害にもなります。 コミュニケーションの本質を理解して、未来思考にたったポジティブな言葉は人を動かし、生産性の高いチームに成長させます。   ①部下の分からないところが… (続きを読む)

ドラッカーのマネジメント論で読み説く宝塚歌劇団の人材育成
~人が輝き組織が活きる  心と身体の磨き方~

堀内明日香 ほりうちあすか
元宝塚歌劇団宙組

多くのスターを生み出す宝塚歌劇にて、厳格な躾や忍耐力・精神力・心配り・結束力を養う教育を受ける。その豊富な経験を活かし、日本全国で講演活動・マナー研修、経営者、ビジネスマン、学校教育等の人気講師として活躍中。

講演内容: 2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団。その華やかな舞台の背景には、伝統に 裏打ちされた  理念・教育体制、躾や忍耐力と他者への心配り、メンバー全員の結束力を高める為の独自の教育がありま… (続きを読む)

劇団四季に学ぶ!「感動を生みだす組織の人材育成術」
 〜人が商品の組織で、圧倒的な満足度を継続してつくり続ける秘訣とは〜

佐藤政樹 さとうまさき
劇団四季・元主役の感動創造トレーナー

劇団四季の主役を経験し、営業で500人中2位の成績を残した表現のプロの佐藤政樹が「人を感動させるコミュニケーションの極意」をお伝えします。俳優・営業ともにトップを経験し、理論に裏付けられた内容は「成果に直結する」と好評です。また、歌あり、踊りありで楽しく学べます!

年間300万人の動員し、年間180億円を生み出す劇団四季。ロングラン公演であるライオンキングは1000万人を動員。この創業60年で世界トップクラスの商業演劇集団になった劇団四季には、人を採用し、トップ… (続きを読む)

JA職員を本気にできる上司、やる気を奪う愚者
~自発的に動き出す自律型人材の育成法~

高村幸治 たかむらこうじ
モチベーションコンサルタント
組織育成パートナー
数々のどん底経験をさらけ出し、受講生の「あるある」共感を引き出し、失敗体験からの気づき、学びを変化・成長・成果につなげる。人を活かした楽学経営・楽学マネジメントの達人。「笑顔が満ちあふれた職場づくり」「生きがいを感じる職場づくり」をミッションとしている。株式会社エナジーソース 代表取締役。

・JA職員が自発的に考えて動き出すようになってくる ・ 提案の数が増えて、主体的な改善改革がおこるようになる ・ 急激な変化にも対応できる部下育成ができるようになる ・ 厳しい環境下でも部下の「やる気… (続きを読む)

ディズニーランド伝説のトレーナーが明かす
ミッキーマウスに頼らない本物の指導力

町丸義之 まちまるよしゆき
ディズニーランド伝説のトレーナー

20歳で東京ディズニーランド入社(準社員)、仕事・人心掌握能力が評価され、第1期シニアキャストに抜擢。トレーニング・現場マネジメントの基礎を学ぶ。レジャー施設やショッピングセンター、小売り業等を経験し、「ディズニーで学んだこと」×「町丸イズム」でスタッフ育成に貢献、業績を上げる。

・ディズニーの人材育成の方法等 ・遊園地・SC・レジャー施設など、全ての共通点は働く環境に正社員が少なく、女性が多いということ。  ミッキーマウスを使わずにどうメンバーのモチベーションを維持していくの… (続きを読む)

JA職員の本気に火をつける上司のあり方
~無茶振りにも対応できる部下の育成法~

的場つよし まとばつよし
組織活性化コンサルタント

脳科学・心理学・現場学を駆使し、受講生を「その気」にさせる達人。「現場こそが人を輝かせる」をモットーに、一人一人の潜在能力を開発。30年以上に及ぶ、問題解決が必須の教育現場で蓄積された独自の人材育成手法は、現場で活きる「知恵」が習得できるとリピートが絶えない。(株)エナジーソース顧問。

●職員自らの提案の数が増えて、主体的な行動が増えるようになる ●時代や環境の急激な変化にも対応できる部下育成ができるようになる ●厳しい環境下でも部下の「やる気」を高く維持する働き掛けができるようにな… (続きを読む)

現場力と理念による勝てる組織の創り方

田村 潤 たむらじゅん
元キリンビール株式会社代表取締役副社長
100年プランニング 代表
大学卒業後、キリンビール入社。32歳で営業マンとして大阪へ赴任し1年目で営業トップに。アサヒのシェアが拡大する頃、最下位クラスの高知支店長、四国4県の地区本部長等を歴任し、副社長営業本部長の時に業界1位の座を奪還。著書『キリンビール高知支店の奇跡―勝利の法則は現場で拾え!』。

◆伝えたいこと ①100戦100勝チーム ~現場に本質がある ②四国・高知で生まれた営業スタイル・価値観 ③どのように全国に広がり首位奪還を果たしたか ④当たり前のことを高いレベルで実行・継続できるよ… (続きを読む)

心をつかむ人材育成術
~強い組織をつくり上げる秘訣 人のこころを育てる力~

山本昌邦 やまもとまさくに
サッカー解説者

現役時代はディフェンダーとして、ユース・ユニバーシアード・日本の各代表として活躍。その後は指導者の道へ進み、コーチ・監督として多くの日本代表選手を指導。世界の舞台で活躍する選手の育成に大きく貢献。2004年のアテネ五輪では日本代表監督を務めた。現在は、NHKサッカー解説者として活躍。

人材育成において最も重要で不可欠なのが、「人のこころを育てる力」です。 育成というのは人の心をどれだけつかむのか、つまり人の心を育てるということだと思います。 人の心を育て強い個を育成し、強い組織をつ… (続きを読む)

「スシロー」を成功へ導いた伝説のトレーナー直伝
チーム力を圧倒的に向上させる自立・自律型人材の育成法

中野美加 なかのみか
人材開発・組織運営コンサルタント
コミュニケーション&リーダーシップ
トレーナー
「ひとには元々力が備わっている」を信条に、ひとが”力を発揮する方法を伝える”が使命の人材開発コンサルタント&トレーナー。多彩なビジネス経験(営業、経営者、国立大学講師)と、プライベート経験(二度の結婚、継子家庭、45歳初出産、家庭と仕事の両立)から、様々な層の講演参加者に人気。

・部下の自立心・自律心が芽生え、自走型チームへと生まれ変わる ・逆境に立ち向かうことのできるモチベーションが手に入るようになる ・悩みを共有し合え、結果を出すための信頼関係が構築できるようになる ・仕… (続きを読む)