「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

田原総一朗 (K-1003)

  • HOME »
  • 田原総一朗 (K-1003)

田原総一朗 たはらそういちろう

評論家・ジャーナリスト

1934年滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所 テレビ東京を経て、1977年フリーに。現在は、政治・経済・メディア・コンピュータなど、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。

評論家・ジャーナリスト
時局・経済

田原総一朗のプロフィール

■職歴・経歴
テレビ朝日系で1987年より『朝まで生テレビ』(毎月最終金曜PM25:20~28:20)、1989年より2010年3月まで『サンデープロジェクト』に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、‘98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞。2002年4月より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講、未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたっている。
また、映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」(1971年)の監督を務めるなど、多彩な才能を持つ。
2010年4月より、BS朝日にて「激論!クロスファイア」(毎週土曜AM10:00~11:00)放送開始。

■ラジオ
文化放送「田原総一朗オフレコ!」(毎週月曜PM21:00~21:30)
全国JFN系列「田原総一朗のタブーに挑戦!」(毎週金曜AM5:30~)

■連載
週刊朝日(朝日新聞出版)「田原総一朗のギロン堂」
VOICE(PHP)「大アジア主義者の夢と蹉跌」
日経BPネット コラム「政財界ここだけの話」
現代ビジネス 「田原総一朗のニッポン大改革」

■著書
『真実の近現代史―田原総一朗の仰天歴史塾』(幻冬舎)
『塀の上を走れ―田原総一朗自伝』(講談社)
『人を惹きつける新しいリ-ダ-の条件』(PHP研究所)
『大転換―「BOP」ビジネスの新潮流』(潮出版社)
『日本人は原発とどうつきあうべきか―新・原子力戦争』(PHP研究所)
『デジタル教育は日本を滅ぼす―便利なことが人間を豊かにすることではない! (普及版)』(ポプラ社)
『誰もが書かなかった日本の戦争―日清・日露・太平洋戦争を知らない子供と大人のために』(ポプラ社)
『ジャ-ナリズムの陥し穴―明治から東日本大震災まで』(筑摩書房)
『原子力戦争』(講談社)
『なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか ― アジア主義者の夢と挫折』(PHP研究所)
『Twitterの神々 ― 新聞・テレビの時代は終わった』(講談社)
『緊急提言!デジタル教育は日本を滅ぼす―便利なことが人間を豊かにすることではない!』(ポプラ社)
『今だから言える日本政治の「タブ-」』(扶桑社)
他多数

講演タイトル例

時局・経済 時代をよむ

著書『崩壊自民の裏のウラ』(2009年3月 朝日新聞出版)より 危機に瀕するニッポン…。この国を根底から変える時代がやって来る。  著書『再生日本』(2008年11月 講談社)より 日本というシステム...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別