「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

岸 博幸 (K-9010)

  • HOME »
  • 岸 博幸 (K-9010)

岸 博幸 きしひろゆき

慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科教授

2001年第1次小泉内閣時、経済財政政策担当大臣補佐官に就任。その後、大臣・竹中平蔵の政務担当秘書官として、情報通信政策や郵政民営化などに携わる。06年内閣総辞職時、経済産業省退官。08年に慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任。著書『脱藩官僚、霞ケ関に宣戦布告!』他

大学教授・研究者
時局・経済

岸 博幸のプロフィール

■職歴・経歴
1962年 東京都生まれ
1986年 一橋大学経済学部卒業 
     通商産業省入省 (産業政策局、通商産業研究所等を経て)
1990年 コロンビア大学ビジネススクール留学 
     (機械情報産業局、通商政策局等を経て)
1995年 朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)出向
1998年 通商産業省資源エネルギー庁に復職
2000年 内閣官房IT担当室に出向
2001年 経済財政政策担当大臣補佐官
2002年 金融担当大臣補佐官を兼任
2004年 経済財政政策担当大臣・郵政民営化担当大臣秘書官
2005年 総務大臣秘書官
2006年 経済産業省退官 慶應義塾大学DMC統合研究機構助教授に就任
2008年 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任
その他、以下の職を兼任
エイベックス・マーケティング取締役
ポリシーウォッチ・ジャパン取締役
Culture First事務局長 他
        
■著書など
『オリンピック恐慌』(幻冬舎)
『アマゾン、アップルが日本を蝕む』(PHP出版)
『ネット帝国主義と日本の敗北』(幻冬舎)
『脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告!』(共著:朝日新聞出版)
『ブレインの戦略』(あさ出版)
『クリエイティブ国富論』(ダイヤモンド・オンライン連載)
『コンテンツ立国の処方箋』(日経トレンディ・ネット連載)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
セミナー&フェア2018

<受講者への貢献> 講演会は問題なく当初の段取り通り進められ上手くいき....

大阪府
2018/11月
製造業
記念講演会

<受講者への貢献> なかなか普段聴けない話が聴けて良かったです。.

富山県
2018/09月
商工会
労働組合セミナー

<受講者への貢献> 好評でした。.

神奈川県
2018/06月
製造業
全国労使フォーラム

<受講者への貢献> 日本の経済の全体的な流れや、今後のトレンドなど、テ....

東京都
2018/02月
労組
トップセミナー

<受講者への貢献> ①参加者 「さすが!」の内容でした。時局・経済の話....

愛知県
2017/12月
労組

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

時局・経済 日本経済のゆくえ
~世の中の流れ~

日本の動向、経済の行方を幅広い見識からお話します。

プランへ移動

スタッフからのコメント

第1次小泉内閣時の経済財政政策担当大臣補佐官、政務担当秘書官等のキャリアに基づき、政治・経済・地方自治の現状と提言を説く講演には定評があります。
主な実績は、雇用環境整備協会 企業向けスキルアップセミナー、商工会議所 新春経済講演会、資産活用セミナー、商工連合会・法人会 新春講演会、地域商工会広域事務局 新春経済講演会、商工会議所 中央会館など。

主催者様より、「タイムリーなだけでなく、ツボを押さえた講演で非常に好評でした。」「知名度、集客力があり、講演の内容も、非常に分りやすく、参加者のアンケート結果も高評価であった。」などの声が寄せられています。

主な講演タイトル
『どうなる日本 ~政治・経済の問題点を斬る!~』
『これからの経済のトレンドと求められる人材育成について』
『混迷する政治と経済を斬る ~地域の再生が日本を救う~』
『地域活性化の鍵 ~アベノミクスの真相と今後の地域経済~』 など
(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別