「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

竹内一郎 (K-12225)

  • HOME »
  • 竹内一郎 (K-12225)

竹内一郎 たけうちいちろう

演出家・劇作家 宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部教授

横浜国立大学教育学部心理科卒業後、演劇の世界に入り、作・演出を担当。言葉以外の非言語コミュニケーションの重要性に気づき、『人は見た目が9割』を出版し、110万部のベストセラーに。“コミュニケーションの達人”として、講演やテレビ等でもか活躍中。

大学教授・研究者 コンサルタント
意識改革

竹内一郎のプロフィール

■略歴
横浜国立大学教育学部心理科卒業
卒業後、演劇の世界に入り、作・演出を担当。
筆名(さいふうめい)で発表した『戯曲・星に願いを』で、文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作に選ばれる。
また、漫画原作『哲也 雀聖と呼ばれた男』で講談社漫画賞を受賞

演劇と漫画というジャンルを超えた活動を続けていくうちに、言葉以外の非言語コミュニケーションの重要性に気づき、『人は見た目が9割』(新潮新書)を出版し、110万部のベストセラーとなる。

「言葉以外の情報をひっくるめて「見た目」と表現。、『人は見た目が9割』で言う美醜の意味ではなく、本当の「見た目」を磨くこととは内面を磨くこと」。

■テレビ出演
NTV「世界一受けたい授業」
TBS 「王様のブランチ」VS茂木健一郎
EX 「スーパーモーニング」
CX 「人間観察バラエティ人は見た目が9割!
新生活スタートスペシャル」
NHK衛生第2テレビ 「週間ブックレビュー717号」

■受賞歴
・文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作(『戯曲・星に願いを』)
・講談社漫画賞

■著書
『修羅の人間学』メディアファクトリー
『「見た目」で選ばれる人』 講談社
『人は見た目が9割』 新潮新書
『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』講談社
『戯曲・星に願いを』五月書房  他


■主な講演テーマ
「コミュニケーションの大切さ」/「人生は演出が大切」/「愛される人間学」/「ワンランク上の営業」 他

講演タイトル例

意識改革 『人は見た目が9割』

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別