「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

桧山進次郎 (K-12269)

  • HOME »
  • 桧山進次郎 (K-12269)

桧山進次郎 ひやましんじろう

野球解説者 スポーツコメンテーター 元プロ野球選手

元プロ野球選手(外野手)。現役時代は阪神タイガースに22年間所属、背番号は24。2013年にファンに惜しまれながらも現役を引退。現在は、野球解説者・スポーツコメンテーターとして活動。また、「野球から学んだリーダーシップと組織論」「継続する力」などの講演も各地で好評を得ている。

スポーツ関係者・指導者
文化・教養

桧山進次郎のプロフィール

■経歴
東洋大2年生時に首位打者を獲得。4年生の春には、主将としてリーグ優勝に貢献する。
1991年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。2001年から2003年までの3年間選手会長に就任し、2003年に4番に抜擢されると対中日戦で史上58人目のサイクル安打を達成。18年ぶりのリーグ優勝へチームを導き、日本シリーズでも4番として出場し、その活躍から優秀選手賞を受賞。
2006年以降は活躍の場を代打に移し、2008年、その活躍から「代打の神様」と称されるようになる。
2013年10月クライマックスシリーズで代打ホームランを放つもチームは敗れ、結果としてこの ホームランが現役最後の打席となり、ファンに惜しまれながらも引退した。
代打通算158安打(セリーグ歴代2位)、111打点(セリーグ歴代2位)を記録し、引退後は『野球解説者』『スポーツコメンテーター』として活躍している。

■獲得タイトル
1993年 フレッシュオールスターゲームMVP
1997年 オールスター出場、優秀JCB・MEP賞
1999年 JA全農Go・Go賞(好捕賞)
2001年 月間MVP 打者賞
2002年 月間MVP 打者賞、オールスターファン投票選出・外野手部門
2003年 オールスターファン投票選出・一塁手部門、日本シリーズ 優秀選手賞
2011年 若林忠志賞

■著書
『待つ心、瞬間の力―阪神の「代打の神様」だけが知る勝負の境目』(廣済堂出版)
『代打の哲学』(共著・幻冬舎)
『生え抜き―タイガースから教わったこと』(朝日新聞出版)
『桧舞台―原点回帰』(大洋図書)

講演タイトル例

文化・教養 継続する力

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別