「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

東 和空 (K-12952)

  • HOME »
  • 東 和空 (K-12952)

東 和空 ひがしわこう

聴行庵 住職

サラリーマン、代議士秘書を経て、NGO活動をしながら僧侶の道へ。その後の修業や10万人に1人といわれる稀病から回復した体験から、傾聴に世rセルフケアや今を大事にする自分らしい生き方とは何かをお話しいたします。

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者
コミュニケーション メンタルヘルス

東 和空のプロフィール

聴行庵 住職
昭和39年3月13日生まれ。
山口県下関市出身。
広島市安芸区在住。
20代は会社員、30代は代議士秘書、40代にNGO理事長の活動をしながら、比叡山延暦寺にて受戒得度し天台宗の僧侶となり伝法灌頂を受職。
看取り士、臨床仏教師OJT、傾聴広島主宰、今小屋主宰。
現在にいたる。

僧侶としての修行は、中国天台山国清寺の止観行、国東半島六郷満山峯入行(150km)、東日本大震災被災地供養巡礼(180km)~百日供養三千回礼拝(1,200km)、十二霊山峯入行、中国五台山巡礼(150km)、五十日供養三万回礼拝などで、現在も里山での峯入行を実践。

平成26年4月、神経内分泌腫瘍(ガストリノーマ)という10万人に1人という稀病が発覚し、開腹切除手術で二か月半の入院。術後のリハビリを経て、良好回復し修行を再開。
主なテーマは「傾聴のすすめ」「グリーフワークと看取り」「今に生きる幸せ」「マインドフルネス瞑想とチームワーク」など。

聴行庵
www.keicho.space

講演タイトル例

コミュニケーション 傾聴とアイデア

この人にとって会話は心のやりとりだが、その人にとって会話は情報のやりとり。 あの人は考えがまとまらないから話し、この人は考えがまとまったら話す。 その人はすべて聞きたいと思うが、あの人はすべて話す必要...

プランへ移動

メンタルヘルス 職場で役立つマインドフルネス瞑想

思考でコントロールできなかった自分の癖や習慣に気づくことができます。 いつでもどこでも呼吸によって自分を落ち着かせて、この今の瞬間に気づきを得ていきます。 この瞑想で得るどこからでもない眺めによる自覚...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別