「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

水野和敏 (K-15112)

  • HOME »
  • 水野和敏 (K-15112)

水野和敏 みずのかずとし

元・日産自動車『GT-R』開発責任者

カルロス・ゴーン直轄のもとGT-Rプロジェクト総責任者として実行業務を遂行、「ミスター・GT-R」と称される。2013年に日産自動車を退社後は、華創日本株式会社代表取締役として自動車開発に携わる傍ら、講演活動など幅広く活動、「仕事に直結した内容と熱いメッセージが心に響いた」と好評を得ている。

実践者
ものづくり・生産・製造

水野和敏のプロフィール

■職歴・経歴
1952年長野県生まれ。72年国立長野工業高等専門学校卒業後、日産自動車入社。
70年代後半、セドリック、グロリアのターボエンジン、直6ディーゼル搭載開発、およびブルーバード、サニーFF化の新規プラットフォーム計画と開発。
80年代中頃、P10初代プリメーラ、R32スカイライン等の新規車両パッケージの提案と開発。P10は欧州メーカーのベンチマーク車となり、R32スカイラインは新スポーツセダンとしてヒット。
1988年 英国ローラ社とグループCプロトタイプレース車(R89C)開発、WSPC世界耐久メーカー選手権、JSPC国内耐久メーカー選手権に参戦。
1989年 NISMO社に出向しR90CP~R92CP、NP35等のグループCレースでチーム監督兼開発責任者兼レーストラックチーフエンジニアとして活動。国内耐久メーカー選手権3年連続チャンピオン獲得、92年デイトナ24時間レース総合優勝獲得(特に92年は参戦全レース全勝)90年ル・マン24時間レース5位入賞
1993年 日産自動車復職。スカイライン、ローレル等の 日産全乗用車系車両パッケージを責任者として開発。
1998年 新V6フロントミッドシップFMパッケージの新規提案と車両開発。V35型スカイライン、Z33型フェアレディZ 、ステージア、FX35&45 等の車両開発責任者(新規プラットフォーム5車種を2年の間に発売)
2003年 独立型トランスアクスルPMパッケージの新規提案と車両開発 およびGT-Rプロジェクト総責任者。NISSAN R35GT-Rの企画、開発、生産、営業、収益、品質、新規販売網構築等プロジェクトに係る全ての統括と実行業務を遂行。GT-R高価格スーパーカー、超短期間でのグローバルトップブランドの構築と世界最高性能の実現。13年 日産自動車退社。
現在、華創日本株式会社代表取締役として自動車開発、「生きる力」プロジェクト主宰、ベストカー等自動車誌での新型車の評価解説、そして企業力&人材育成の為の講演活動や出版活動等多分野で活動中。

■主な著書など
『匠のこころ その先の価値を創るリーダーの思考』 (すばる舎/2015年)
『プロジェクトGT-R 常識はずれの仕事術』(双葉社/2009年 新書版/2013年)
『非常識な本質』(フォレスト出版/2013年) 
『バカになれ!カリスマ・エンジニア「ゼロからの発想術」』(文藝春秋/2014年)
『世界一を最短で実現するリーダーシップとは?』(ALMACREATIONS)・神田昌典氏との対談セミナーCD

講演タイトル例

ものづくり・生産・製造 世界に勝てる日本のものづくりとブランド創造

カルロス・ゴーンCEO直轄プロジェクトで、日産GT-Rを「ヒト・カネ・時間は通常の半分」という非常識な方式で世界一に導いたカリスマ・エンジニア。 「誰もやってないことだから、やるんだよ!」の”水野節”...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別