「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

堀江 航 (K-15141)

  • HOME »
  • 堀江 航 (K-15141)

堀江 航 ほりえわたる

車いすソフトボール選手 車いすマルチアスリート

日体大3年時不慮の事故で左足切断、車いすバスケットボール開始。米国リノイ大学留学を経て、スペイン1部リーグ日本人初のプロ選手に。その後、複数の競技で日本代表選手に選出、マルチアスリートとして活躍中。“心のバリアフリー”推進のため、各地での講演会も精力的に行っている。

スポーツ関係者・指導者
人権・平和

堀江 航のプロフィール

■経歴
1979年東京都生まれ。都立駒場高校卒業(在学中、全国高校サッカー選手権大会出場)。
日本体育大学3年時、部活帰りのバイク事故により左足切断、車いすバスケットボールと出会う。
2008年車いすバスケットボールの名門、米国イリノイ大学に留学(イリノイ州立大学院体育学・教育学修士課程卒業学業優秀選手賞受賞)。2009~2010全米大学選手権優勝に貢献。
2010年スペイン1部リーグのMidebaで日本人初のプロ選手として活躍。11年ドイツRSV Lahn-Dillに移籍。
2011~2012ドイツカップ、リーグ制覇、ヨーロッパチャンピオンズカップ優勝の3冠制覇。
2012年車椅子バスケットボール引退後、アイススレッジホッケーを始め、日本代表選手に選出。
2013年アイススレッジホッケー日本代表として世界選手権Bプールに出場し、銀メダル獲得、最終戦でゲームMVP獲得。
2015年Buffalo 2015 IPC アイススレッジホッケー世界選手権A-Pool 8位

■活動歴
一つの競技にとらわれず、車いすバスケットボール、車いすソフトボール、アイススレッジホッケーなど複数の競技で日本代表選手に選出され、マルチアスリートとして活躍中。
近年は、健常者に混じってブラジリアン柔術の大会に出場するなど、障がいの有無に拘らずスポーツを楽しめることを体現。
選手活動以外には、“心のバリアフリー”推進のため、各地での講演会や競技体験会などを実施。“個の尊重”をキーワードに、障がいを個性として捉え、何事も楽しむことの大切さを伝えている。
独自のスタイルを持ち、その自由なプレースタイルがスポーツ界での注目を集めている。

■講演テーマ
•「個の尊重」
•「障がいを持つことは誰にでも起きうること」
•「強く楽しく逞しく~目標を持って生きる~」

■メディア出演
•GLAY47thシングル「運命論」ミュージックビデオ
•ドイツRSV Lahn-Dill公式フリーマガジン2011表紙・特集掲載
•ドイツRSV Lahn-Dill公式フリーマガジン2011センターポスター掲載

講演タイトル例

人権・平和 強く楽しく逞しく
~ 目標を持って生きる ~

広く一般の方々。

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別