「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

齋田悟司 (K-16116)

  • HOME »
  • 齋田悟司 (K-16116)

齋田悟司 さいださとし

車いすテニスプレイヤー

パラリンピックに6度出場し、金メダル1回、銅メダル2回獲得。2003年には国際テニス連盟(ITF)選出の「世界車いすテニスプレーヤー賞」を日本人選手として初受賞するなど、日本を代表するトッププレイヤー。講演では、パラスポーツで世界に挑戦を続けるその信念、夢(目標)を持つことの大切さを語る。

スポーツ関係者・指導者
意識改革 人権・平和

齋田悟司のプロフィール

■略歴
1972年生まれ、三重県出身。
12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断、車いす生活を余儀なくされる。
1996年のアトランタ大会から6大会連続でパラリンピックに出場し活躍。
2003年には国際テニス連盟(ITF)選出の「世界車いすテニスプレーヤー賞」を日本人選手として初受賞する。日本を代表するトッププレイヤー。
2004年のアテネパラリンピックでは国枝慎吾選手と組み、男子ダブルスで金メダルを獲得。
2008年の北京パラリンピックでは男子ダブルスで銅メダルを獲得。
2016年、自身通算6回目のパラリンピック出場となったリオデジャネイロパラリンピックにて、国枝慎吾選手と組み男子ダブルスにて銅メダルを獲得。

■講演について
自身の経験を元に、パラスポーツについてや世界に挑戦を続けるその信念、チャレンジする勇気、
夢(目標)を持つことの大切さ、困難を乗り越える力などについて語ります。

講演タイトル例

意識改革 行動する勇気 
~世界への挑戦 夢を実現するために必要なこと~

世界を相手に戦い続ける信念や挑戦する勇気、 夢(目標)を持つことの大切さや困難の乗り越え方など、自身の経験を元にお伝えします。 12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断し車いす生活となり、幼いころから抱い...

プランへ移動

人権・平和 2020年に向けて ~パラ競技の現状~

2020年に向けてスポーツに対する関心がどんどん高まってきています。 日本の車いすテニス競技の第一人者として、27年間の競技生活を通じての様々な国・地域での大会での自身の経験と共に、2020年に向けて...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別