「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

中西悠子 (K-16446)

  • HOME »
  • 中西悠子 (K-16446)

中西悠子 なかにしゆうこ

アテネオリンピック 200mバタフライ 銅メダリスト

シドニー、アテネ、北京と3回連続オリンピックに出場し、日本の女子水泳の中で出場回数はトップとなる。
そんな中西が、自身の水泳人生から学んだことを包み隠さずお話致します。

スポーツ関係者・指導者
モチベーション

中西悠子のプロフィール

■プロフィール
中西悠子選手は0歳からベビースイミングで水泳を始め、7歳から本格的に競技を始める。小学校の卒業文集では「水泳でオリンピック選手になる」と書いていた。中学生のころから、太田伸コーチの指導を受ける。19歳のときシドニーオリンピックの代表になり、200mバタフライで自己ベストを出して7位に入賞する。
2003年世界水泳選手権とアテネオリンピック、2005年世界選手権で銅メダルを獲得。
大学卒業後は所属の枚方SSにそのまま就職し、コーチングスタッフとして働きながら競技生活を続けた。
2008年に日本短水路選手権では200mバタフライで短水路世界新記録を樹立、4月の日本選手権では100m、200mで日本新記録を出して優勝し、3大会連続の五輪代表になる。
200mバタフライの世界ランキング1位で挑んだ北京オリンピックでは、5位に終わる。
競泳の日本女子ではオリンピック最多出場を記録。(2019.06.28時点) 2010年4月12日に記者会見を開き、引退を表明。 引退後は後進の指導にあたる。

■戦績
1997年 東アジア競技大会 女子200mバタフライ 優勝
2000年 シドニーオリンピック 女子200mバタフライ 7位
2001年 日本選手権 女子200mバタフライ 優勝
2001年 世界水泳選手権 女子200mバタフライ 4位
2003年 世界水泳選手権 女子200mバタフライ 銅メダル( 2分08秒08 当時日本新記録)
2004年 アテネオリンピック 女子200mバタフライ 銅メダル
2008年 日本短水路選手権 女子200mバタフライ (2分03秒12 当時世界新記録)
2008年 日本選手権 女子100mバタフライ 優勝(58秒52 当時日本新記録)
2008年 日本選手権 女子200mバタフライ 優勝(2分06秒38 当時日本新記録)
2008年 北京オリンピック 女子200mバタフライ 5位

講演タイトル例

モチベーション 夢を実現するために

3度のオリンピックを経験したからこそ語れる、自分の夢を実現するために行ってきたことなど、実体験を基にお話しします。夢をもつ子どもやその親御さんはもちろん、社会人として働く方にとっても大切なことは何か、...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別