「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

影山徹哉 (K-18531)

  • HOME »
  • 影山徹哉 (K-18531)

影山徹哉 かげやまてつや

京都芸術大学 客員教授 経営脳科学者、博士(医学)

福島県生まれ。東北大大学院、米国パデュー大留学を経て、中小企業支援機関勤務。東日本大震災被災を機に、東北大学加齢医学研究所にて脳科学研究に着手。大学教員の傍ら、講演、企業コンサル、コーチングなど幅広く活躍中。著書『最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法"』他。

大学教授・研究者 コンサルタント 教育・子育て関係者
意識改革 メンタルヘルス

影山徹哉のプロフィール

■経歴
1982年福島県郡山市生まれ。宮城県仙台市在住。

東北大学経済学部、同大学院経済学研究科博士課程前期修了(経営学修士)。
米国パデュー大学(Purdue University)留学。

帰国後、中小企業支援機関に勤務し、中小・小規模事業者の経営実務に携わる。
勤務中に東日本大震災で被災。
身近な人も含め、多くの死を目の当たりにしたことで、人生観が劇的に変化。
後悔のない生き方をしたいと、以前より興味のあった脳科学研究を志す。

その後、東北大学大学院医学系研究科博士課程(脳科学専攻)に進む。
博士課程在学時には、東北大学学際高等研究教育院の博士研究教育院生に選抜され、文系、理系の枠を超えた世界最先端の文理融合研究に携わった。

東北大学加齢医学研究所研究員を経て現職。
専門領域は、脳科学、コーチング心理学、経営心理学。
大学教員を務める傍ら、高校生向けの講義、一般向けの各種講演、個人コーチング、法人向けコンサルティングを行うなど幅広く活動している。

■著書・論文
『Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法"』(あさ出版 2020)
『ポジティブ心理学コーチングの実践』(金剛出版 2019)※共著 「第4章神経科学とコーチング」のチャプターを担当
その他、心理学、脳科学に関する国際学術論文を発表している。

■メディアでの紹介
『東洋経済オンライン』、『日本経済新聞社』、『夕刊フジ』、『河北新報社』、『STUDY HACKER』、ラジオ出演など

講演タイトル例

意識改革 人工知能の台頭・新型コロナ、不確実な時代を生き抜く!
最先端の脳科学・心理学が証明した最強の思考法 “無意識思考”

現代社会はどんどん複雑化し、不安定かつ不確実で将来の予測が困難になっているといわれます。特に、人工知能の台頭により仕事のあり方が問われてきています。近い将来、労働における単純作業はすべてコンピューター...

プランへ移動

メンタルヘルス ストレスを軽減し免疫力アップ!
科学的マインドフルネス講座

私たちは会社や学校あるいは日々の生活で多くのストレスを抱えています。  特に、新型コロナの影響で行動の制限や自粛によりその傾向は一層高まっています。  負荷の高いストレスは様々な病気の一因ともいわれま...

プランへ移動

  • ビジネスパーソン向け講義より
  • 高校生向け講義より
  • 著書の表紙画像

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別