「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

中野友加里 (K-18668)

  • HOME »
  • 中野友加里 (K-18668)

中野友加里 なかのゆかり

元 フィギュアスケート選手 スポーツコメンテーター

早大大学院人間科学研究科修了。フィギュアスケート選手として、世界で3人目となるトリプルアクセルに 成功。スピンを得意とし「世界一のドーナツスピン」と国際的にも高い評価を受けた。2010年引退後、フジテレビ入社。スポーツ局で活躍後19年退社。現在はスポーツコメンテーターとして幅広く活躍中。

スポーツ関係者・指導者
メンタルヘルス モチベーション 健康

中野友加里のプロフィール

■経歴
1985年愛知県出身。
早稲田大学人間科学部 卒業 同大大学院人間科学研究科 修士課程 修了

3歳でフィギュアスケートと出会い、その後フィギュアスケートの選手として活躍。
伊藤みどり、トーニャ・ハーディングに次ぐ、世界で3人目となるトリプルアクセルに 成功。スピンを得意とし「世界一のドーナツスピン」と国際的にも高い評価を受けた。
2010年バンクーバーオリンピックの代表を、浅田真央・鈴木明子・安藤美姫(敬称略)ら と戦い、惜しくも代表の座を逃す。同年(24歳)で現役引退。
株式会社フジテレビジョンに入社。配属された映画事業局ではアシスタントプロデューサーとして勤務。スポーツ局へ異動後、2014年のソチ五輪の開催時は、番組ディレクターほか、フィギュアスケート競技各種目のレポート・開設を担当した。
また、フィギュアスケートのジャッジ(審判)の資格を持ち、大会において活動も行う。
2015年に結婚、現在は二児の母。
2019年3月でフジテレビ退社。
現在はスポーツコメンテーター・選手へのインタビュアーとして、自身が選手 だった経験、観点から選手の気持ちや本音を引き出し好評を得ている。また、子を持つ母親なら ではの視点、切り口での質問等も好評。 医療法人社団清光会勤務

■主な成績
2002年:世界ジュニア選手権 2位
2005年:NHK杯優勝/グランプリファイナル3位
2006年:四大陸選手権2位/世界選手権5位 
2007年:冬季アジア大会優勝/世界選手権5位
2008年:世界選手権4位

■著書
『トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー』(双葉社)
『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』(ポプラ新書)

講演タイトル例

メンタルヘルス フィギュアスケートを通じて学んだ多くのこと
~セルフコントロール、逆境に立ち向かうモチベーション~

・モチベーションと目標コントロール ・現役引退後に必要だと感じたこと ・フィギュアスケーターが本番を迎えるまでの過ごし方 ・フィギュアスケーターのコーチとの関係

プランへ移動

モチベーション フィギュアスケートを通じて得たもの
ビジネスに活かすメンタルコントロール、モチベーションアップ

・スケートという競技 ・コーチとの二人三脚 ・選手とコーチとの関係からみる組織内の上司・部下の関係 ・緊張と集中力 ・無欲、無心の精神 ・バランスの重要性

プランへ移動

健康 フィギュアスケーターの体型維持、ダイエット方法

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別