「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 水野浩児 (K-18708)

水野浩児 みずのこうじ

追手門学院大学 経営学部長・教授 財務省近畿財務局 ちほめん アドバイザー

『債権譲渡・地域金融・企業経営等を研究。ことに企業法務の専門家で【事業性評価】の第一人者。 近畿財務局ちほめんアドバイザーとして地域金融の活性化に注力、「コロナ禍における地域金融機関の役割」「事業性評価のポイント」等の研修・講演が好評。ラジオ経験(15年)を活かしたトークに定評がある。

大学教授・研究者
人材・組織マネジメント 経営戦略・事業計画

水野浩児のプロフィール

■経歴
関西大学大学院 法学研究科 修士課程修了 修士(法学)
1991年 南都銀行入行 主計業務 中小企業融資 企業再生実務等
2006年 追手門学院大学専任講師 2010年 同大准教授
2011年 大建工業社外監査役 2015年 大建工業社外取締役(指名報酬委員長)(2021年まで)
2016年 追手門学院大学 経営学部 経営学科 教授
2018年 追手門学院大学 大学院 経営・経済研究科 教授/追手門学院大学経営学部 経営学部長
2020年 北おおさか信用金庫 理事(員外)
著書『ベンチャービジネスと事業性評価』(追手門学院大学出版会/代表編著/2017年)他多数。
帝国データバンク帝国ニュース「経営者のための令和の金融新時代」毎月連載
ラジオ大阪「水野浩児の月曜情報スタジオ」毎週月曜日放送中(2005年~現在)

■専門分野
金融法務 債権譲渡(ABL)について研究 債権の的意義から事業性評価の本質に迫る研究を行う
日々変化する企業の資金調達環境について検証し、コロナ禍のおける地域金融機関の在り方、金融検査マニュアル廃止後の理想的な金融について債権者側と債務者側の事情をバランスよく研究。「近畿財務局ちほめんアドバイザー」に就任し、地域金融機関等に研修を行っている。近畿財務局にて地域金融機関を集め「水野ゼミ」主宰。全国多数の地域金融機関・保証協会等で事業性評価の研修を担当。企業経営にも参画し、2011年から2021年まで東証一部上場企業の大建工業社外取締役(指名報酬委員長)も務める。

■近年の主な講演
・事業性評価のポイントーコロナ禍の本業支援体制ー (近畿財務局主催)
・コロナ禍における協同組織金融機関の役割ー地域経済エコシステムと地域金融人材育成ー
・事業性評価実践講座ー経営支援に必要な基礎知識ー
・コロナ禍における地域金融機関の役割ー企業支援の在り方・事業性評価の意義ー
・シンポジウム「地方創生・中小企業支援」 (大阪弁護士会・公認会計士協会)
・コロナ禍における企業支援の在り方・手法ゼミ(近畿財務局主催 継続開催)
・将来を担うZ世代の特徴と指導法

■主な社会における活動
2020年9月  経済産業省ロカベン教育支援パッケージ検討会メンバー(~2021年4月)
2020年7月  「ちほめん」アドバイザー 近畿財務局(~現在)
2018年11月 大阪府公安委員会 大阪府特殊詐欺対策審議会委員(~2021年3月)
2014年4月 医療法人顕夢会 倫理審査委員長 (~現在)
2010年   関西学生サッカー連盟理事(~現在)

講演タイトル例

人材・組織マネジメント 若手人材の育成方法・将来を担うZ世代の実態

「サイキンノワカモノ」で苦労されている方は多いのではないだろうか。いわゆるZ世代を上手く活用できない企業は大きな課題を抱えることになる。「サイキンノワカモノ」の考え方や指導方法を知ることで、円滑な職場...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 コロナ禍における地域金融機関の役割

ゼロゼロ融資により多くの中小企業事業者は資金繰りはいったん落ち着いたものの、これから本格的な事業者支援が必要となる。また、金融検査マニュアルが廃止となった状況下、どのような取組が金融機関に求められるか...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 事業性評価のポイント

平成27年頃より取組が本格化した保証や担保に過度に依存しない「事業性評価に基づく融資」の実践におけるポイントを論理的に解説する。事業の将来性を評価するには経営者との対話が重要であるが、最近の渉外担当者...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.