「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

中山千夏 (K-2264)

  • HOME »
  • 中山千夏 (K-2264)

中山千夏 なかやまちなつ

作家

1970年代のウーマンリブ運動、市民運動に参画し、1980年参議院全国区に出馬、当選。一期参議院議員を務める。女性に対する偏見や差別に対して、常に前向きな姿勢で難問に取り組み、一人の女性として、社会に対する疑問を自然体で語る講演は、各地で高い支持を得ている。

作家
男女共同参画

中山千夏のプロフィール

■職歴・経歴
1948年7月13日熊本県生まれ。
1955年 子どもの演劇スクール「劇団ともだち劇場」に第一期生として入団。
     11歳の頃、劇作家菊田一夫氏に見い出され上京。
     芸術座「がめつい奴」に出演し、天才子役として注目を集める。
     東京・麹町女子学園高等部卒業。
1970年 作家として活動をはじめ『子役の時間』『羽音(はおと)』などで連続3回直木賞候補になる。
1977年 市民政治運動を目指す団体「革新自由連合」に参加、代表となる。
1980年 参議院選全国区に出馬し第5位で当選、法務委員会に所属する。
1986年 参議院選の東京選挙区では次点で落選。
2006年 『どんなかんじかなあ』で第11回日本絵本賞を受賞、青少年読書感想文全国コンクールの課題
     図書になる。

■現在の活動
著作活動に専念する傍ら、死刑廃止運動など市民運動を続けている。

■著書
『幸子さんと私―ある母娘の症例』
『ぼくらが子役だったとき』
『海中散歩でひろったリボン』
『友だちの作り方』
『いろどり古事記』
『いきてる』
『となりのイカン』
『へんなの』
『「古事記」に聞く女系の木霊』
『からだノート』
『ヒットラーでも死刑にしないの?』等

講演タイトル例

男女共同参画 女も男も人間らしく

これからは、女の人が外へ出て働くのは当たり前です。家族や友人との人間関係と、もっと広く社会とつながる場と、両方持ちたいのが人間ですよね。 ところが、女は家にいて家事をするものだ、という習慣が長かったた...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。


  • どんなかんじかなあ

  • いきてる

  • おとしものしちゃた

  • タアキイ―水の江滝子伝

  • 芸能人の帽子 アナログTV時代のタレントと芸能記事

  • おいる (ハモニカブックスの詩集)

  • 蝶々にエノケン 私が出会った巨星たち

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別