「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

中垣内祐一 (K-2577)

  • HOME »
  • 中垣内祐一 (K-2577)

中垣内祐一 なかがいちゆういち

全日本男子バレーボールチームコーチ

1989年(大学4年時)全日本チームに選出されて以後、第一線にて活躍。2004年現役引退。その後、Vリーグ「堺ブレイザーズ」監督を経て、11年 全日本男子バレーボールチームコーチに就任。選手時代に培ったプロ意識、監督の立場からのモチベーションアップ術など、両方の経験を基に講演。

スポーツ関係者・指導者
モチベーション 健康

中垣内祐一のプロフィール

■職歴・経歴
1967年 福井県生まれ。
中学からバレーボールを始める。 県内トップクラスの進学校である藤島高校では同好会レベルのチームに所属。筑波大学入学後から本格的にバレーボールに取り組み、4年時には全日本メンバーに選出、ワールドカップで脚光を浴びる。
大学卒業後は新日鐵(現・堺ブレイザーズ)に入社。 1年目からリーグ優勝に貢献、史上初の最高殊勲選手賞と新人賞のダブル受賞。また、全日本でもエースとして活躍し、1992年のバルセロナ五輪では6位入賞を果たすなど、90年代の全日本男子を支えた。
2004年に現役を引退。その後、堺ブレイザーズ監督に就任。チームを第12回Vリーグ優勝(2005/06シーズン)に導き、2009年5月に退任。同年7月より、公益財団法人日本オリンピック委員会のスポーツ指導者海外研修員として、アメリカやブラジルでコーチングを学ぶ。
2011年 全日本男子バレーボールチームコーチに就任。

講演タイトル例

モチベーション 勝つチームの条件
~勝利に必要なのは「プロ意識」と「モチベーションコントロール」~

目標を達成するための姿勢、プロ意識の大切さについて語ります。

プランへ移動

モチベーション モチベーションマネジメントの秘訣

選手・監督、両面の経験を基に、選手 (部下)のモチベーションアップ術、人材育成について語る。 選手(部下)の気持ち理解した上で、指導者としてやるべきことを説く。

プランへ移動

健康 トップアスリートが語るスポーツビジネス
~地域密着型クラブの必要性~

現在監督を務める堺ブレイザーズは、 2000年「新日鐵」の企業チームから、地域密着型のクラブチームとして発足。 サポーターズクラブの会員費や地元企業を中心とした協賛会社の支援を受けながら活動しています...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別