「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

高柳和江 (K-2710)

  • HOME »
  • 高柳和江 (K-2710)

高柳和江 たかやなぎかずえ

笑医塾塾長 前 日本医科大学准教授

“死を恐れないコツ”を伝授する医学博士。神戸大学医学部卒業後、順天堂大学外科専攻生、徳島大学医学部第一外科教室医局員などを経て、1992~2009年まで日本医科大学准教授を務める。放送大学での授業は視聴率第2位。08年 MDRT「世界の上手な講演者2000人」の一人に選ばれる。

大学教授・研究者
健康 福祉・介護

高柳和江のプロフィール

■職歴・経歴
神戸大学医学部卒業
順天堂大学外科専攻生。徳島大学大学院医学部医学博士課程(第一外科学)修了。
1977年 クウェート国立アル・サバー病院小児科チーフレジデントに就任。1979年から8年間、クウェート国立イプンシナ病院小児外科部長を務める。新生児外科では年間220症例、小児外科6千例のメスをふるう。延べ10年間にわたるクウェート勤務の後、帰国。
1987年 医療法人亀田総合病院小児外科医長
1990年 医療法人亀田総合病院院長補佐、順天堂大学小児外科非常勤講師も務める。(小児外科から、しだいに医療管理学へとシフトが変化していく)
アイオワ大学医学部大学院医療管理学講座特別聴講生を経て、同大学附属病院院長付き研究員。
1992年 日本医科大学医療管理学教室准教授。文京学院大学客員教授。専門は医療管理学(医療の質の研究)。医療管理学の研究では、国内で草分け的存在となる。また、癒しの環境研究会を設立し、笑い療法士を育てる。
2002年 放送大学客員教授。「患者学」「かしこくなる患者学」を10年間担当。
2009年3月 日本医科大学を退職。医師のための模擬患者養成の長年の尽力に対し表彰さる。
同 年4月 東京医療保健大学教授に就任(~2011年3月)
同 年5月 笑医塾設立、塾長に就任。青森県、兵庫県などの自治体で笑いを広める。現在青森県民28人にひとりが笑いプロデューサーになった。
イギリス小児外科学会会員(日本で4人目)、アメリカ病院管理学会会員、癒しの環境研究会理事長、医療法人葵会理事、産業医 等。医学的に効果のある笑い療法を提唱し、この療法は英文論文で認められ、老年学の英文の教科書も執筆している。また、米国、カナダ等で招待講演を行い、国際的にも活躍している。

■著書
『笑医力(わらいりょく)―びっくりするほど健康になる!』(徳間書店)
『高柳和江の「輝く生き方」レッスン』(メトロポリタンプレス)
『笑いの医力』(西村書店)
『ほほえみ処方箋』(エディターズサード)
『生き方のコツ』(飛鳥新社)
『死に方のコツ』(小学館)
『癒しの国のアリス』(医歯薬出版)
『生きる歓び・アゲインー癒しの環境で目ざめる生命のネットワーク』(癒しの環境研究会編 医歯薬出版)
『パッチ・アダムス いま、みんなに伝えたいことー愛と笑いと癒し』(パッチ・アダムスと共著/主婦の友社)

講演タイトル例

健康 笑医の力
びっくりするほど健康になる!

「健康になるためにもっとも必要なもの。それは笑いです!」こう言い続けてウン十年。 医師が提唱する笑いとは、幸福な気持ちから生まれる笑顔のこと。 病気予防の一番の秘訣は、ストレスをためずに毎日笑って暮ら...

プランへ移動

健康 患者に笑顔を再び
~笑うことで自然治癒力を高めよう~

医療現場は、著しく進歩しています。 最新の医療設備、清潔な病室、患者の知る権利の尊重・・・ しかし、「何かが足りない」。それは、日本の医療現場では後回しにされがちな患者の心のケア。 10年間のクウェー...

プランへ移動

福祉・介護 高齢社会を生きる癒しの環境

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

笑いで自己治癒力を高め、生きる喜び、新しい自分を発見してほしいと
企業、学校、医療、福祉、行政、各種団体など、全国各地で活躍されています。
専門分野は、笑いの医学、医療管理学、患者学、癒しの環境、死生学、患者の権利、高齢者の権利、コミュニケーションなど。参加者を巻き込みながら、会場全体が盛り上がり、明るく前向きに生きることの重要性を体感することができます。
また、医療関係だけにとどまらず、販売、接客に役立ち、売上アップにつながると企業からも高い評価を得ています。
主な講演タイトルに、「ほほえみ処方箋」「笑いの医力」「笑医で顧客満足」など。
参加者からも、「笑い声と笑い顔で講演終了後もしばらく余韻が残ってた」「すぐに実践につなげられる内容だった」「笑いが心身に効果的だということを医学的な事例やデータを根拠に解りやすく説明してもらえた。」と、講演を聞いた後は自然と笑みがこぼれ、笑いがもたらす効果を改めて実感できる講演です。
(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別