「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

宮本亞門 (K-6448)

  • HOME »
  • 宮本亞門 (K-6448)

宮本亞門 みやもとあもん

演出家

演出家として、ブロードウェイやウエストエンドなど世界的に活躍。また、親しみ感のあるタレント性も兼ね備え、テレビ番組にも多数出演。印象とは反対の紆余曲折した生き方は、多くの人から共感を得ている。講演では、固定概念にとらわれない、亞門流のコミュニケーション術、スランプの乗り越え方を伝える。

音楽・芸術関係者 実践者
文化・教養 コミュニケーション

宮本亞門のプロフィール

■職歴・経歴
1987年 ミュージカル「アイ・ガット・マーマン」で演出家デビュー。翌年、文化庁芸術祭賞受賞。
2004年 東洋人初の演出家としてニューヨークのオンブロードウェイにて「太平洋序曲」を上演。
      同作はトニー賞4部門でノミネートを果たす。
2005年に上演したミュージカル「Into The Woods」の演出で、朝日舞台芸術賞の秋元松代賞を受賞。
2011年 KAAT神奈川芸術劇場こけら落とし公演として、三島由紀夫原作「金閣寺」を舞台化。
      ニューヨークのリンカーン・センター・フェスティバルに正式招聘される。
2013年 オーストリアにて、宮本亜門版、モーツァルトのオペラ「魔笛」を世界初演。
      欧州での初のオペラ演出を果たす。
2018年9月、フランス・ヴェルサイユ宮殿オペラハウスにて、能と3D映像を融合させた『YUGEN 幽玄』を演出。10月には、黒澤明監督の名作映画を世界で初めてミュージカル化した『生きる』(主演:市村正親、鹿賀丈史(Wキャスト))を演出。
2019年、健康番組で受けた人間ドックで、前立腺にがんのあることが判明する。5月に前立腺の摘出手術を受けた。その後すぐ、7月にはフィギュアスケート×源氏物語「氷艶〜月光かりの如く」(主演:高橋大輔)、10月にオペラ「蝶々夫人」、20年1月には仏・ストラスブールにてオペラ「パルジファル」と精力的に国内外で活動している。

■主な著書
『SWITCHインタビュー達人達 宮本亜門×北川悠仁』(2014年 ぴあ)
『引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす』(2012年 NHK出版)
『宮本亜門のバタアシ人生』(2008年 世界文化社)
『ALIVE―僕が生きる意味をみつけるまで』(2001年 日本放送出版協会)

宮本亞門さんのホームページ

講演タイトル例

文化・教養 違うから面白い、違わないから素晴らしい

引きこもり、自殺未遂、交通事故、母の死、すでに経験済み。生き方に迷ったときの指南と、キラキラ輝く前向きな人生のために。 これまでの人生で経験してきたこと(自書『ALIVE』『バタアシ人生』や、自身を追...

プランへ移動

コミュニケーション 亞門流仕事力

ブロードウェーなどの一流の役者やスタッフの持つ資質を引き出す、演出という仕事。 固定概念にとらわれない、亞門流のコミュニケーション術、スランプの乗り越え方。 これまでの人生で経験してきたこと(NHK「...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別