「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

千葉真子 (K-6601)

  • HOME »
  • 千葉真子 (K-6601)

千葉真子 ちばまさこ

マラソンランナー スポーツコメンテーター

1997年アテネ世界選手権にて10000mで銅メダル、2003年パリ世界選手権のマラソンで銅メダルに輝き、前人未到、世界陸上トラック・マラソン2競技でメダルを獲得した世界初のランナー。現在、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行い、「ちばちゃん」の愛称で多くのファンに親しまれている。

スポーツ関係者・指導者
人権・平和

千葉真子のプロフィール

■職歴・経歴
1976年 京都府宇治市生まれ。立命館宇治高校で本格的に陸上を始める。
1995年 長距離の名門・旭化成に入社し開花する。10000mの選手としてアトランタ五輪で5位入賞、世界選手権で銅メダル(日本女子トラック長距離種目初)を獲得するなど国際舞台で活躍した。
マラソン転向後はけがに苦渋し、新天地での再挑戦を決断。小出義雄氏に師事した。2度目の世界選手権はマラソン選手として出場し、銅メダルに輝く。
第一線を退いた後は、ゲストランナーとして全国のマラソン大会に出演する他、「千葉真子BEST SMILE ランニングクラブ」を立ち上げ、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行っている。

■主な成績
・1995年-1997年  10000m時代
 アトランタオリンピック(5位入賞)、世界陸上1997(銅メダル)、日本陸上選手権(3位)
・1997年-2006年  マラソン時代
 (2時間21分45秒 歴代5位)
 世界陸上2003(銅メダル)、シカゴマラソン2009(3位)
 東京国際女子マラソン('99年5位=初マラソン '04年4位入賞)
 北海道マラソン優勝3回('01年 '04年 '05年=大会記録)
・2006年8月 現役引退
 ラストラン:北海道マラソン

■主なテレビ出演
文化放送「千葉真子のBEST SMILE ランニングクラブ」
TBS「世界陸上」レポーター('05年~毎大会)
TBS「全日本実業団対抗女子駅伝」解説
関西テレビ「大阪国際女子マラソン」バイクリポーター

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
新春セミナー

<受講者への貢献> 陸上を通じてのご自身の人生観やエピソードがとても感....

東京都
2020/01月
製造業
東北六県〇〇会

<受講者への貢献> (終了後、お客様よりご意見いただく) ご好評でした。.

岩手県
2019/09月
製造業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 命を輝かす人間

順風満帆で進んできた陸上人生の途上、マラソン転向後に訪れたスランプ。 その経験から学んだ数々のこと、夢や目標、人生観などを、独特の千葉ちゃん節で語ります。

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別