「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

清家 篤 (K-885)

  • HOME »
  • 清家 篤 (K-885)

清家 篤 せいけあつし

慶應義塾大学商学部教授 慶應義塾学事顧問、博士(商学)

高齢化社会の労働問題などを研究し、21世紀への提言をする気鋭の学者。1978年慶應義塾大学経済学部卒業。92年同大学商学部教授、2007年より商学部長を経て、2009年5月から2017年5月まで慶應義塾長。専攻は労働経済学。著書『高齢者の労働経済学』で、義塾賞など受賞多数。

大学教授・研究者
時局・経済

清家 篤のプロフィール

■職歴・経歴
1978年 慶應義塾大学経済学部卒業後、同大学大学院商学研究科博士課程修了。
1980年 慶應義塾大学商学部助手、1985年 同助教授を経て、1992年より同教授。
2007年より商学部長、2009年5月から2017年5月まで慶應義塾長。
この間、カリフォルニア大学客員研究員、ランド研究所研究員、経済企画庁経済研究所客員主任研究官、労働政策審議会委員・同雇用保険部会長・同若年労働者部会長・同点検評価部会長(厚生労働省)、東日本大震災復興構想会議委員(内閣官房)、社会保障制度改革国民会議会長(内閣)、日本私立大学連盟会長、日本労務学会会長、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議構成員(内閣官房)、などを歴任。
現在、経済社会総合研究所名誉所長(内閣府)、社会保障制度改革推進会議議長(内閣官房)、高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会座長(内閣府)、産業構造審議会委員・同製造業分科会長(経済産業省)、ILO仕事の未来世界委員会(ILO Global Commission the Future of Work)委員などを兼務。2016年、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。

■主な著作
『金融ジェロントロジー』(編著)東洋経済新報社(2016年)
『雇用再生』NHKブックス(2013年)
『60歳からの仕事』(共著)講談社(2009年)
『高齢者の働きかた』(編著)ミネルヴァ書房(2009年)
『エイジフリー社会を生きる』NTT出版(2006年)
『高齢者就業の経済学』(共著)日本経済新聞社(2004年、2005年の第48回日経・経済図書文化賞受賞)
『生涯現役社会をめざして』日本放送出版協会(2003年)
『勝者の代償』(訳)東洋経済新報社(2002年)
『労働経済』東洋経済新報社(2002年)
『生涯現役社会の条件』中公新書(1998年)
『人事と組織の経済学』(共訳)日本経済新聞社(1998年)
『高齢化社会の労働市場』東洋経済新報社(1993年、1994年の第17回労働関係図書優秀賞、1994年の「東京海上各務記念財団優秀図書賞」受賞)、
『高齢者の労働経済学』(1992年、1992年の義塾賞、1993年の沖永賞)日本経済新聞社、などがある。

講演タイトル例

時局・経済 経済の構造変化と雇用変革

〔Ⅰ〕経済の構造変化 (1) 高付加価値をめぐる競争へ (2) 少子高齢化と人口減少へ (3) 雇用と就業の多様化へ  〔Ⅱ〕高付加価値競争への対応 (1) 人にしかできない仕事を (2) 人材という...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別