「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 本岡 類 (K-9284)

本岡 類 もとおかるい

作家 高齢社会ウォッチャー

エンターテイメント小説を多数出版する中、母親が脳出血で倒れ要介護となり、ヘルパー資格を取得。介護現場の実態を知り、特養職員勤務(5ヶ月)。『介護現場は、なぜ辛いのか』『大往生したいなら老人ホーム選びは他人にまかせるな!』等出版。介護・老人ホームの現状をウラもオモテも伝える。

医療・福祉関係者
福祉・介護

本岡 類のプロフィール

■ 職種・経歴
1951年2月  千葉県生れ
1970年4月  早稲田大学政治経済学部入学
1974年3月  同上卒業
1974年4月  株式会社・講談社入社(月刊誌、週刊誌の編集をおこなう)
1981年8月  オール読物推理小説新人賞受賞
1983年5月  講談社退職
         (以降、現在に至るまで、ミステリーなどの小説の執筆生活に入る)   
1993年4月  日本ジャーナリスト専門学院非常勤講師(2年間)
2008年4月  某特別養護老人ホームに非常勤介護職員として勤務(週2回、5カ月間)

■ 専門分野
エンターティンメント小説/ノンフィクション書/老人ホーム・アナリスト/高齢社会ウォッチャー

■ 主な著書・マスコミ活動ほか
【著書】
『大往生したいなら老人ホーム選びは他人にまかせるな!』(光文社)
『介護現場は、なぜ辛いのか』(新潮社)
『愛の挨拶』(新潮社)
『夏の魔法』(新潮社)
『住宅展示場の魔女』(集英社)
『絶対零度』(講談社)
『不要の刻印』(光文社)
『花の罠』(祥伝社)
『神の柩』(講談社)
『真冬の誘拐者』(新潮社)
著書多数につき、以下省略。
著書の中には、テレビドラマ化されたものも複数あり。
【新聞、雑誌の執筆】
北海道新聞、新潮45、小説新潮、オール読物、小説すばる、小説宝石など多数。
【新聞、雑誌、テレビの取材や出演】
毎日新聞、産経新聞、東京新聞、共同通信、週刊朝日、サンデー毎日、NHKテレビなど多数。

講演タイトル例

福祉・介護 老人ホーム選びは他人にまかせるな!

老人ホーム紹介の書籍や雑誌情報、プロと称する人々(老人ホーム関係者、紹介業者、ケアマネージャー)の話はあくまで参考程度にし、自分自身の目で確かめることを訴えます。そうした自分自身で確かめるポイントを詳...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.