「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

ナターシャ・グジー (K-9352)

  • HOME »
  • ナターシャ・グジー (K-9352)

ナターシャ・グジー なたーしゃぐじー

歌手・バンドゥーラ奏者

6歳のときチェルノブイリ原発事故により被爆し、避難生活を送る。バンドゥーラ(ウクライナの民族楽器)に魅かれ演奏家の道に。救援団体の招きで民族音楽団メンバーとして来日し、全国で救援公演を行う。2000年より日本での演奏活動を開始。美しい歌声とバンドゥーラの響き、救援活動等、多方面から注目されている。

音楽・芸術関係者
人権・平和

ナターシャ・グジーのプロフィール

■経歴
ウクライナ生まれ。ナターシャ6歳のとき、1986年4月26日未明に父親が勤務していたチェルノブイリ原発で爆発事故が発生し、原発からわずか3.5キロで被曝した。その後、避難生活で各地を転々とし、キエフ市に移住する。ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳の頃より音楽学校で専門課程に学ぶ。1996年・98年救援団体の招きで民族音楽団のメンバーとして2度来日し、全国で救援公演を行う。2000年より日本語学校で学びながら日本での本格的な音楽活動を開始。その美しく透明な水晶の歌声と哀愁を帯びたバンドゥーラの可憐な響きは、日本で多くの人々を魅了している。2005年7月、ウクライナ大統領訪日の際、首相官邸での夕食会に招待され、演奏を披露。コンサート、ライブ活動に加え、音楽教室、学校での国際理解教室やテレビ・ラジオなど多方面で活躍しており、その活動は教科書にも取り上げられている。

【主な参加作品/番組】
2000年
CDアルバム『消えた故郷 命の輝き』(チェルノブイリ子ども基金)/書籍『ナターシャ チェルノブイリの歌姫』(岩崎書店)/ドキュメンタリー番組『生き急ぐ20歳-チェルノブイリの鎮魂歌』(テレビ東京)
2003年
24時間テレビ『愛は地球を救う』ゲスト出演(福島テレビ)/NHKラジオ第一&国際放送『地球ラジオ』
2004年
NHKスペシャル『この子と生きる・ダウン症・命の記録』エンディング ヴォーカリーズ担当
2005年
愛・地球博出展作品『コウノトリ プロジェクト』(制作:NHKエンタープライズ21)/ウクライナ大統領訪日の際、首相官邸での小泉総理主催の夕食会に招待され、演奏を披露/NHK総合テレビ WorldSpecial 『ねがい~世界に広がる平和の歌~』出演(NHK)
2006年
チェルノブイリ20年 救援ツアーアルバム『こころに咲く花』(音楽センター)/音楽ドキュメンタリー『Music Tide』ナターシャ・グジー特集 (BS-i)/CDブック『ふるさと ~伝えたい想い~』(オフィス ジルカ)
2008年
テレビ朝日系列『徹子の部屋』出演(テレビ朝日)/NHK教育テレビ『視点・論点』出演(NHK)
イオンレイクタウン限定CD『Lake Music』にて、C.W.ニコル『The Wind Blows』にヴォーカル参加
2009年
来日10周年記念CDアルバム『Nataliya 2 (ナタリア 2)』クラシック&アリア集アルバム『Healing (ヒーリング)』(オフィス ジルカ)/来日10周年記念コンサート・東京文化会館小ホール
中学2年生用道徳副読本 『みんなで生き方を考える道徳』(日本標準)
2010年
アニメ映画 『いばらの王』 メインテーマ・ヴォーカリーズ担当(作曲:佐橋俊彦 制作:サンライズ)

講演タイトル例

人権・平和 ナターシャ・グジー コンサート ~水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響き ~

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

ナターシャ・グジーのメニュー