「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

「男性の生きづらさ」から考える
性別にとらわれない多様な生き方

田中俊之 たなかとしゆき

大正大学心理社会学部 准教授

想定する対象者

・労働組合 女性組合員、女性組合役員の方々
・労働組合 ご夫婦参加会合
・一般成人男性の方々
・一般中高年女性層

提供する価値・伝えたい事

「働き改革」という言葉をよく耳にするようにはなにましたが、
現実は日々、ハードな仕事に携さわる夫は家事や育児との両立に悩み、
妻は夫の関わりを不十分と感じ、自らの我慢をさらに重ねていく・・・・。

のような二重の大変さは、実際に多くの家庭で見られるのではないでしょうか?
①男性向けには、なかなか口に出すことが出来ない「つらさ」の原因とそれをやわらげて新しい関係を築くためのヒント
 を中心に話を進めていきますし、

②女性向けには、現代の男性が抱えている悩みや問題をわかりやすく解説致します。

内 容

*「男は仕事、女は家庭」から
  「男も女も、仕事も家庭も」へ
*社会的背景
男性は、建築業や製造業等の従来の主力産業を中心に就業者が減少し、平均所定内給与額も減少しているが、労働力率では世界最高水準になっている
 →理想としての男性稼ぎ手モデルは維持
 →現実としての男性稼ぎ手モデルは実現困難
 →共働き支援
*男性学とは?
男性が男性であるがゆえに抱える悩みや葛藤を対象にした学問 →性別にとらわれない多様な生き方の実現!
*男性が抱える最大の問題
「働くしかない現実」 ⇔ 「働いていればいいという意識」
*父親はどうあるべきか?
*夫の家事・育児参加
*夫婦関係を修復する方法
・産後クライシス=出産後に夫婦の愛情が急速に冷え込
            む現象
・熟年離婚 →人間関係は常に作っていくもの
*ワーク・ライフ・バランス再考
①仕事と生命のバランス
②仕事と生活のバランス
③仕事と生涯のバランス

スタッフからのコメント

「働き方改革」という言葉はよく耳にするようになったものの、今の日本社会は、男性が「生きづらい」社会だと言われています。なぜ、我々男性は悩みを抱えてしまっているのでしょうか?・・・そんな疑問に答えてくれるのが「男性学」です。
男性が男性ゆえに抱えてしまう問題について考える「男性学」の研究者から、男性の新しい生き方を一緒に考えてみませんか?(労組市場担当:紀三井省次)

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.