「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

トーク&ピアノ演奏のステージ
~いちばん大切にしたいのは“思いやりの心”~

清水紘子 しみずひろこ

ピアニスト

想定する対象者

広く一般の方々

提供する価値・伝えたい事

私は、生まれつき弱視でしたが、小学校1年生で右眼、高校3年生で左眼の視力を失いました。幼い頃から、眼の手術をするために何度も入院しましたが、その中で色々な病気で入院している人がいる事を知り、つらいのは自分だけではないと気づきました。
そして「どう悩もうと、この現実は変えられない。それなら現実を受け入れて、自分の出来る中でピアノを弾いていこう。自分のしてきたことが無駄でなかったと思える時間を過ごしたい」と、中断していたピアノを再開しました。
見えなくなった時はとても辛かったけれど、家族や先生方、友人など多くの人に支えられて頑張る事ができました。自分自身が一生懸命になれるピアノがあって、本当によかったと思っています。みんなそれぞれに、素晴らしい力や可能性を持っていると思います。色々な事に挑戦し、一生懸命になれるものを見つけて下さい。そして、どの道に進んでも、心を大切にしてください。心には、つらい時でも頑張ろうとする粘り強さや、人に対する思いやりの気持ちなど、人として大切なものがいっぱい詰まっているから。

内 容

*ピアノ演奏とおはなしと・・・・・感動の時間を共有してください。
*演奏する曲はみなさんに聴きなじみのあるクラシック曲中心ですが、ディズニーメドレーや童謡、また「千の風になって」など人気の曲も演奏します。プログラムはその都度ご相談下さい。
*会場のみなさんと一緒に歌うことも可能です。事前にご相談下さい。

<演奏曲目例>
■独奏
・エチュード(革命) ショパン
・トッカータ     ハチャトリアン
・子どもの情景   ドビュッシー
・千の風になって
・エリーゼのために
・子犬のワルツ
・ディズニーメドレー
・アニメソングメドレー

■みんなで歌いましょう!(季節に応じた曲)
・ゆき
・かあさんの歌
・早春賦
・うれしいひなまつり

<お話しの流れ>
■生まれたときのこと。
視覚障害と共に歩み始める。

■小学校1年生の時に右眼を失明

■中学2年生の時、右眼の摘出手術を受ける。
その入院で知った事、感じた事。

■音楽の道に進みたいと思ったきっかけ。

■阪神淡路大震災の年に 色々なことが重なった一年
生まれた家が全壊
左眼の失明
受験

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.