防災対策、危機管理は万全ですか?BCP(事業継続計画)は策定されていますか?
巨大地震や豪雨などの天災、新型コロナウイルスなどの感染症の大流行、さらには不祥事を起こしてしまったり、サイバー犯罪などの企業を狙った犯罪に巻き込まれるなど、たった一度の災害、事件・事故で社員の命や会社そのもを失うこともある時代です。
「正しく怖れて、正しく備える」「リスクを減らして、安心と信用を増やす」方法を学び、実践しましょう!

中小企業だからこそ絶対に必要なBCP(事業継続計画)とその効果

松島康生 まつしまやすお
災害リスク評価研究所 代表
災害リスクアドバイザー(防災危機管理)
NHKをはじめ各テレビ、ラジオ、新聞等、これまで200以上のメディアに紹介されている防災の専門家。地元のハザードマップを使っての解説は、身近に感じられ分かりやすく、また、災害リスクの危険性から実践的な防災対策まで、専門用語を使わずに説明するため、防災意識の向上につながると好評を得ている。

倒産を未然に防ぎ、売上アップにつながるBCP(事業継続計画)セミナー ◆経営者として知っていなければならない危機管理と防災対策 ◆BCP(事業継続計画)を作る上での最大の効果とは ◆事務所・工場内の具… (続きを読む)

阪神と東日本の地震を経験したコンサルタントによる
「使えるBCP」

山口泰信 やまぐちたいしん
BCPコンサルタント
株式会社BCPJAPAN 代表取締役 CEO
長崎県雲仙市、噴火した普賢岳のふもと出身。阪神淡路大震災後、2300名以上の方が避難された神戸生田中学で、リーダーとして避難所運営を行う。2004年中越地震では大阪市緊急支援車両一般車両第一号として支援。それらの経験を基に実践的な、企業防災、学校防災、事業継続計画策定を伝授。

BCPという言葉を知らない方 作成しようと思っている方 作成済みの方にとって、災害現場で本当に必要なものを認識し、リーダーとしての認識を深めるとともに、社員の口から「避難訓練をしたい」と言われるように… (続きを読む)

職場の安全管理・危機管理

中田敬司 なかたけいじ
神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 教授



実際を想定したシミュレーションを通して、限られた人数、身近な道具を使った負傷者の救急救命を伝授。 <前半> 出席者全員参加の簡単な計算ゲームから始まり、本題は災害疾病発生のメカニズムとその予防法を、講… (続きを読む)

現場体験から語る・本当に使えるBCPとは!

野村功次郎 のむらこうじろう
防災家・危機管理アドバイザー
「世界一受けたい授業」防災スペシャリストの先生
日本テレビ「世界一受けたい授業」の防災スペシャリストの先生、「THE・突破ファイル」再現ドラマのスーパーバイザーでも有名な講師。23年間におよぶ消防士時代に得た、技術、知識、危機管理のノウハウを、独自のスタイルで、分かりやすくアドバイスする。

不祥事発生の構造と未然防止に向けての取組について

赤堀三代治 あかほりみよじ
リスクアドバイザー
コンプライアンスアドバイザー
信州大学農学部卒業後、JAグループ組織にて勤務。在職中は不祥事対応チームリーダーとして、所轄官庁業務改善命令等の対応を経験。講演・研修では、具体的事例を基に、ワークショプ手法による参加者の気づきを促す内容に定評がある。

研修会は、発生事例を基に、発生が組織に与える影響、発生の構造、発生未然防止の取り組みに関して、学習する場とします。 ケースメソッド、ワークショプ形式の研修会を展開し、参加者の気づきにもとづくリスク感覚… (続きを読む)

中小企業のためのBCP(事業継続計画)~今、だからこそできること~

石井住枝 いしいすみえ
株式会社エフェクト 代表取締役
トヨタ流・カイゼンコンサルタント
17年間トヨタ自動車の役員秘書等を務め、“トヨタのできる人”の習慣・思考・行動特性を間近で体得。
「トヨタの強さは人財にある」と、組織を支える有能人材の“10の能力”事例等を交え、実績指導を行う。
異業種でも応用出来るトヨタ式A3思考術はメディアに取り上げられ右脳活用術は好評。


震災以降、リスクをどのように軽減したらいいのかと悩んでいらっしゃる経営者の方々に向けて、優先順位をつけて準備をしていけばいいのか。会社を守るために、今だからこそ出来ることをお伝えしたいと思います。 1… (続きを読む)

いつ起きてもおかしくない!次世代型、防災のススメ
~安全とは自ら勝ち取るもの~

中村成博 なかむらまさひろ
株式会社Gentle 代表取締役/管理者研修講師
防災士 防災アトラクション ファシリテーター
やる気にさせる以上にその気にさせるナビゲーター
今までの経験から、どの業種・業態も≪人≫が肝であり、この≪人≫にフォーカスして本質に目を向け取り組むことにより結果が変わることを実感。その場だけでモチベーションが上がる研修や講演ではなく、持続性を意識し、実践に沿った講演・研修が人気を博している。

地震・津波・大雨・洪水・土砂崩れ・・・など、自然災害が多発している今、一人ひとりの防災・減災意識の向上が、これまで以上に重要となってきます。 命を守るためには正しい知識と被害にあわないための備えが必要… (続きを読む)

ディズニーの防災体制
~安全はゲストサービスの基本~

石井修一 いしいしゅういち
元 東京ディズニーランド防火管理者
セーフティアドバイザー、防災士
ディズニーランドグランドオープン以降、ゲストとキャストの「安全安心」を守るために、保安・防災計画の立案から訓練など、危機管理のプロとして業務にあたる。2004年に独立。講演では、ディズニーの経験を基に、防災や安全安心をテーマに具体的な事例を交えて分かりやすく伝える。

防災は総合力が結果に大きな影響を及ぼします。 個人レベルでのスキルアップは重要ですが、いくら個人に力があっても対応できる範囲には限界があります。  3.11のような大規模災害時は個の力を活かす組織力が… (続きを読む)

~災害・事故から災害ストレスまで~
元消防士が教える企業の防災と危機管理

尾下義男 おしたよしお
危機管理アドバイザー
精神対話士、防災士
消防庁での27年間の勤務の中で阪神淡路大震災を経験。その間、大学院で危機管理学を研究し、精神対話士として心に傷を負った方のボランティア活動に励む。これまでの経験を通して、災害の恐ろしさや、災害が引き起こす心のストレスなど、一人一人の防災に対する意識改革の重要性を説く。

消防庁勤務27年間、阪神淡路大震災での救助にも携わりました。その傍ら大学院で危機管理学の研究、精神対話しとして心に傷を負った方のボランティア活動などから得た豊富な経験と豊かな知識に基づいた、防災に対す… (続きを読む)

~インフルエンザから新型コロナウイルスまで~
みんなで知ろう、職場を感染症から守るテクニック 【安全大会向け】

勝田吉彰 かつだよしあき
関西福祉大学教授
ドクトル外交官(外務省医務官)OB
ドクトル外交官(外務省医務官)としてアジア・アフリカ・欧州24か国で業務経験を重ねた国際派医師。北京ではSARSのパンデミック渦中でリスクコミュニケーションを経験。海外経験をもとに海外、とくに新興国・途上国への赴任者の健康管理・メンタルへルスの情報発信に精力的に取り組んでいる。

新しく耳慣れない感染症や毎年やってくる感染症。行きあたりばったり、五月雨式に遭遇すると不安が高まってしまいますが、共通点をおさえて要領よく理解すると、適切な予防行動をとることが出来るようになります。職… (続きを読む)

職場の感染症対策

下村洋一 しもむらよういち
下村労働衛生コンサルタント事務所 所長

医師、社会保険労務士、労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医、健保連巡回コンサルタント、大手私鉄の専属産業医等を経て独立。現在、大手企業や中小企業の嘱託産業医を多数務める。
専門的な立場から、「メンタルヘルス講座」「健康管理教育」等、対象者に合わせて的確な指導を行なう。


医師の立場から、感染症について判りやすく解説し、予防法・発病した時の対応方法について解説します  企業で感染症が流行することは社員様だけでなく企業にとっても大きな損失です 対策についてお話しします 職… (続きを読む)

新型コロナウィルスについて知ろうなぜ新型って言うの?
インフルエンザとの違いは?/潜伏期間や致死率、症状や感染源を比較

藤田紘一郎 ふじたこういちろう
東京医科歯科大学 名誉教授

寄生虫博士・カイチュウ博士として知られる医学博士。専門は寄生虫学、熱帯病学、感染免疫学。「現代日本社会の超清潔志向がアレルギー病をまねき、日本人が身体的にも精神的にも世界一衰弱した民族になっている」と説く。日本テレビ「世界一受けたい授業」に講師として出演。

実は、コロナウイルス自体は珍しいものではありません。これまで、人に感染するコロナウイルスは6種類知られています。いわゆるカゼの10~15%が、4種のコロナウイルスによるもの。残りの2種は、もともと動物… (続きを読む)