さまざまな病があります。これらの対策や予防について、克服された方々のお話を伺い市民の皆さんに勇気や希望を与えることができればと思います。そして、検診を少しでも推進できればこれほど嬉しいことはありません。システムブレーンでは地域の病、そして病で苦しむ方を少しでも減らしたい、そんな講演会を実現する講師を提案致します。

5度の手術と乳房再建1800日

生稲晃子 いくいなあきこ
女優

おニャン子クラブメンバーでデビュー。解散後は、女優・リポーターとしてテレビ・舞台・映画と多方面で活躍。結婚・出産を経て仕事と子育てを両立。内閣府「働き方改革実現会議」民間議員としても活動中。2011年に乳ガンを患い、数度の手術を受ける。2016年闘病記『右胸にありがとうそしてさようなら』出版。

がんと向き合う
~自分の身体と時間を大切に~

向井亜紀 むかいあき
タレント
テレビ・ラジオ・執筆等で幅広く活躍。1994年に格闘家 高田延彦氏と結婚。その後、子宮頚がんによる子宮摘出で妊娠16週の小さな命を失う。2003年、代理出産を依頼した米国人女性が双子の男児を出産。“命を輝かせるために”“がんと向き合う”など、自身の体験を基に、「命」に対する思いを語る。

大丈夫だよ、がんばろう!

山田邦子 やまだくにこ
タレント・司会
NHK「好きなタレント調査」で8年連続第1位を記録するなど、テレビ・ラジオで活躍するマルチタレント。
2007年乳がんを公表し、2008年 乳がん体験本『大丈夫だよ、がんばろう!』を出版。“乳がん体験と早期検診の呼びかけ”をテーマに講演活動中。厚生労働省「がんに関する普及啓発懇談会」メンバー。

てげてげ、「良い加減」なガンとの付き合い方

愛華みれ あいかみれ
女優
元 宝塚スター
元宝塚歌劇団トップスター。『夜明けの序曲』『タンゴ・アルゼンチーノ』 『源氏物語 あさきゆめみし』 など代表作多数。華やかな顔立ちと美 しい立ち姿の男役として活躍。2001年退団後、舞台・テレビ等で活躍。10年、リンパ腫闘病記『てげてげ、「良い加減」なガンとの付き合い方』発刊。


元宝塚トップスターを襲った血液のガン“悪性リンパ腫”。 まさかの発症から、地獄の闘病生活。 治療を続けながらの奇跡の舞台復帰。 そして、てげてげ(鹿児島の方言で「いい加減」の意)に生きることを決意し、… (続きを読む)

『コニタンの闘病日記』
~すべての人々へ感謝の心を~

小西博之 こにしひろゆき
俳優

欽ちゃんファミリーの一員として人気を博し、“コニタン”の愛称でおなじみのタレント。2005年に腎臓がんの大手術を受け、90日間にわたる壮絶な闘病生活を体験。現在は、その体験を基に “前向きに生きることの大切さ”“全ての人々に感謝の心”などをテーマに、各地で講演活動を行っている。

末期癌との壮絶な闘いから、欽ちゃんファミリーのオーディションに受かったきっかけ、欽ちゃんの考え方から教わったこと、私が実践している人生の4つの基本などをお話しします。 人生は予期せぬ不幸に見舞われます… (続きを読む)

愛と言う名の奇跡
難病・ひきこもりを乗り越えて光のステージへ

ESPERANZA えすぺらんさ
アーティスト

挫折から社会復帰に至るまでの「出逢い」「励まし」「自分ひとりで生きているのではないこと」等、コンサートで語る自身の経験は、幅広い年代の共感を呼び、夢と希望と勇気を贈り続けている。どんな困難も乗り越え、未来への希望に繋がるエスペランサのメッセージトークコンサートは各地で好評。

「人権のことを考える究極の体験型コンサートだった」 「心温まる演奏に心が癒され、身近な人たちへの感謝や思いやりの心を素直に思い起こすことができた」 「音楽は人と人との壁や人権を越えた、もっと上のものに… (続きを読む)

 ESPERANZA ロングインタビュー

健康のヒント
食が体と心を癒す、ガン体験者として、健康法の女王

里中満智子 さとなかまちこ
マンガ家

高校2年生の時『ピアの肖像』で第1回講談社新人漫画賞受賞。1974年『あした輝く』『姫がいく!』の両作品で講談社出版文化賞を、82年『狩人の星座』で講談社漫画賞を受賞。2006年 全作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞受賞。2010年 文化庁長官表彰受賞。

人生なんでも受け止め方しだい。 少しでも良いイメージを持って生きることが大切。 食べ物に対する好奇心と知識のある家庭に育ち、身体に良さそうなものも早くから試してきました。そのために人一倍身体が丈夫だと… (続きを読む)

元気な明日のために
~がんに負けない~

仁科亜季子 にしなあきこ
女優

歌舞伎俳優岩井半四郎の次女。学習院女子高等科卒業後、NHKドラマ「白鳥の歌なんか聞こえない」でデビュー。その後、NHK大河ドラマや、TBS「木下恵介・人間の歌シリーズ」等に出演し、清純派女優として注目される。芸能活動休止を経て復帰。子宮頸がん闘病の体験に基づく講演も行っている。

一病息災!ガンになってわかった生きる幸せ

泉♥アキ いずみあき
タレント

芸能活動とともに嫁問題評論でも定評をもつマルチタレント。名古屋生まれ小野女子学園女子校卒業。
1967年歌手デビュー。パンチとウィットが効いた明るいキャラクターが人気。「嫁・姑問題」「介護問題」「農業・田舎暮らし」「乳がん闘病」など、自らの体験を語る講演は好評。

うつ病がつなぐ家族の絆
笑顔の力で取り戻そう!心と体の健康そして絆

望月美由紀 もちづきみゆき
つくり笑顔アドバイザー
うつ病家族支援アドバイザー
笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。自身のうつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識する。夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行っている。

日本人の3分の1はうつ病になるといわれているこの時代。 あなたの大事な家族も例外ではありません。 家族がうつ病になってしまった=家族は崩壊 なんて思っていませんか? 誰かがうつ病になると周りはどう対処… (続きを読む)

「明日は明日の風が吹く」
~ 人生をより楽しく楽に送るための食 ~

麻木久仁子 あさぎくにこ
タレント

司会者、コメンテーター、クイズ番組等、知性派タレントとして活躍。また、読者家としても知られ、本を紹介するサイトや産経新聞では書評を担当するなどその活動は多岐にわたる。2010年に脳梗塞、2012年に乳がんを発症。自身の闘病体験を基に、講演会や情報番組等で検診の大切さを伝えている。

人間関係でつまづき、48歳で脳梗塞、50歳目前で初期の乳がん、母親の心臓病など、身も心もボロボロだった40代に出会った“薬膳”。体に良いと言われる食事法が色々ある中で、「食材全てに力がある」と考える薬… (続きを読む)

 

 「自治体・公的団体」特集ページ へもどる