これまでお金についてはあまり考えず、仕事をしていたという組合員の方々も
定年を迎えるにあたり、
収入が給料ではなく、年金になるため、しっかり考えなくてはなりません。

あらかじめ時間的な余裕をもって、
これからのマネープランについて考えるきっかけを提供してみませんか?

あなたの人生設計 ~ライフプランと資産運用~

八木陽子 やぎようこ
株式会社イー・カンパニー代表取締役
ファイナンシャルプランナー
キャリアカウンセラー
「お金は生活に必要なものなのに、なぜ、話す機会が少ないのだろう?」という疑問から、堅いお金の話を分かりやすく楽しく伝える伝道師になる!と決意。ファイナンシャルプランナーとしての13年以上の仕事実績と二児の母としての消費者の視点から、誰よりも分かりやすく「お金」「経済」「キャリア」を伝える。

一つの会社に生涯勤務し、国から支給される年金で老後の生活が守られ、銀行に預けていると6~7%も利息がつく時代は過去のもの。マネーの世界では、親の世代では当たり前だったことが大きく変化しています。これか… (続きを読む)

定年退職の準備とライフプラン

前川敏幸 まえかわとしゆき
社会保険労務士 行政書士
ファイナンシャルプランナー
元 NEC兵庫労組 副委員長
「元気で明るい職場づくり」「魅力あふれる人づくり」をモットーに元労働組合役員として豊富な経験を持つ社会保険労務士が、労働法令や労使関係などのテーマをわかりやすい表現でエネルギッシュに語る。特に労使関係に関しては中立的な考えを基本に、企業や労働組合のあるべき姿を提起する。

定年退職後、充実したセカンドステージを過ごすためには、現役時代から定年退職後の自分をイメージすることが大切である。 特に団塊の世代といわれる多くの人は、日本の高度成長時代を「会社人間」として生きてきた… (続きを読む)

人は2度生きる! 幸せな『第2の人生』の迎え方
~ 定年前の準備と選択でセカンドステージ(老後)は決まる! ~

下村啓介 しもむらけいすけ
闘魂ファイナンシャルプランナー
株式会社全力講師 代表取締役
情報は伝わって実践できてこそ!『お金』や『人生』の情報をオモロく、わかりやすく、時に熱血に全力講演。リピート依頼も多く、伝え続けること1000回以上。『朝が無事に始まるだけで超ラッキー。あとは自分次第!』というポジティブ思考で、仕事もプライベートも一笑懸命!

・『~すべき』ではなく、『~をしたい』人生を歩むのがセカントステージ! ・これまでの人生と大きく変わるので、自分が変わらないといけない! ・人生を締めくくる最後のステージ(セカンドステージ=老後)は長… (続きを読む)

シニア輝きプログラム
~定年後も輝き続けるライフプラン・マネープラン~

阿部重利 あべしげとし
経営コンサルタント
ファイナンシャルプランナー
いかにわかりやすく、やさしく、楽しく伝えるか?に重点を置き、年約150本の講演・セミナー等を全国各地で行い、そのパワフルでユーモア感のある語り口が各地で好評を得ている。受講生の知識やモチベーション、スキルアップ、業績向上に貢献。

中高年ビジネスパーソンにとっての将来のライフプラン、マネープランの重要性。 特にお金の問題は、景気状況や年金問題で将来の見通しが立ちにくくなっているので、退職後どの位のお金が必要なのか、自分に合った年… (続きを読む)

知っておきたい!定年前後の賢いマネープラン
~豊かなセカンドライフのためのライフプランニング~

井戸美枝 いどみえ
ファイナンシャルプランナー
井戸美枝事務所 代表
「難しいことでも解り易く」をモットーに、お金に関わる複雑な情報・仕組みを、生活者の立場で解説するファイナンシャルプランナー。保険・年金・介護などの公的保障の問題から、キャリアプランを含むライフプランに至るまで幅広い分野をカバー。執筆・メディア出演の傍ら、全国で講演を行う。

定年を迎えるにあたり、年金、雇用保険、健康保険、税金など、最低限知っておくべき事柄について紹介。生活者の立場にたち、定年前後のお金に関する悩みや諸手続きについて解り易くお話しいたします。 ■定年前後の… (続きを読む)

笑う門には福来る!
お金を増やす&節約するための情報バラエティーマネー講座

篠原充彦 しのはらあつひこ
ヨシモト式コミュニケーションクリエイター

元漫才師で同期には、陣内智則、たむらけんじ、ケンドーコバヤシ、中川家らがいる。その経験から現在は放送作家として笑いの理論をプログラム化した、吉本公認「お笑い研修プログラム」のファシリテーターとして全国の企業、病院、学校などこれまで、延べ20,000人超の受講者がいる

・年金問題、住宅ローン金利、資産運用など、最近イヤでも耳に飛び込んでくる、お金にまつわるフレーズ。  「知っといたほうがいいのかな」と思いながらも、ズ~ッと 放置している人がほとんどです。  やっぱり… (続きを読む)

日本一楽しい!遺言書教室
~さあ歌おう!セカンドライフを楽しむため!~

佐山和弘 さやまかずひろ
ゆいごんコンサルタント
相続遺言専門行政書士
遺言者が涙し、公証人もうなる遺言書起案のスペシャリスト。一人でも多くの人に「遺言力」を伝えることを使命とし、「ゆいごんエンターティナー」として全国で遺言セミナーの常識を覆した笑いあり涙ありのYUIGONエンターテイメント「日本一楽しい!遺言書教室」を展開。行政書士さやま法務コンサルティング代表。

遺言書は生きるために書くものです。死ぬために書くものではあり ません。遺言書を書くことが皆さんのセカンドライフをより一層エンジョイできる一助になることを確信しています。 レジュメをただ読むだけのセミナ… (続きを読む)

日本唯一の葬儀ライター
現代の注目テーマ【終活】【エンディングノート】について

奥山晶子 おくやましょうこ
葬儀ライター/作家

冠婚葬祭互助会にて、搬送から司会業まで年間約50回の葬儀をプロデュースする責任者として2年間勤務。様々な死に触れた経験から、「人生、やりたいことをやらないと後悔が残る」と決意し、大学時代からの憬れの出版業界に転職。著書『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』他。

「明日世界から消えるとしたら」 葬儀社員という仕事柄、いくつも立ち会ってきた突然のお別れ。 「明日世界から消えるとしても、後悔しないだろうか」 使い古された例え話かもしれませんが、この問いを現実のもの… (続きを読む)

家で死ぬ、ということ〜家での看取りは怖くない〜

金子稚子 かねこわかこ
終活ジャーナリスト
ライフ・ターミナル・ネットワーク代表
流通ジャーナリスト故金子哲雄の妻。夫の死後、『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』(金子哲雄著)でも執筆・編集制作補助に携わる。近著『金子哲雄の妻の生き方』『死後のプロデュース』。終末期から臨終さらに死後まで、「命の始末」と向き合う経験から得たことを伝える活動をしている。

今、国は在宅医療、すなわち病院ではなく、家で最期まで過ごす方針を推進しています。しかし、多くの日本人にとって「死」はとても遠いものになってしまいました。病人が家にいて、何かあったらどうしようという不安… (続きを読む)