「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

石川忠祐 (K-16014)

  • HOME »
  • 石川忠祐 (K-16014)

石川忠祐 いしかわただひろ

鉄工会社安全管理部 安全担当主査 海上自衛隊幹部OB(学校教官教務部幹事)「心の教育」アドバイザー

海上自衛隊学校教官として「心の教育」に主眼をおいた訓育(道徳)をもって学生教育を実施。定年退職後は一般企業に再就職、人材育成、安全教育、社員のカウンセリング等に携わる。独創的な感性をもって「P( i )DCAサイクル」、新「報・連・相」、「石川語録」を提唱して実践教育に臨む。

実践者 教育・子育て関係者 コンサルタント
教育・青少年育成 安全管理・労働災害防止 リーダーシップ 人材・組織マネジメント メンタルヘルス

石川忠祐のプロフィール

◆職歴・経歴
1958年 愛媛県生まれ
1979年 海上自衛隊 第30期航空学生入隊
1988年   〃   幹部候補生学校 一般幹部候補生部内課程入校
1989年 3等海尉任官
2012年 海上自衛隊定年退職
     一般社団法人 岩国法人会採用(事務局長)
2014年 岩国市内某鉄工会社入社(安全管理部 安全担当主査)
2019年 叙勲(瑞宝双光章)受章

◆主な職域
◎海上自衛隊学校勤務における教官としての経験
1.教育隊 
 教務幹事を拝命、教育部教官の人事管理と教官教育・指導に従事する傍ら、新入隊員の訓育(道徳教育)を実施。「心の教育」に主眼をおき「自分の大切な人を守れぬ者は、国を護ることはできず」と説き、教官及び学生教育に従事しました。
2.術科学校
 航空整備員に選考された隊員への専門知識・技量の習得させる術科学校に勤務。学生隊幹事として隊員の資質、人間性の涵養に貢献しました。
3.教育航空隊
 対潜ヘリコプター搭乗員(航空士)の養成部隊に勤務。搭乗員としての高度な技能、不屈の精神力、強固な体力を習得させるため教育班に配置、ソーナーマン課程の課程主任指導官の拝命を受け、搭乗員教育に従事しました。
 これら学校・部隊勤務を経て、教育者として培ってきた教育論とそのノウハウを発揮して、定年退職後も企業において人材育成や安全について実践教育・指導に当たっています。
◎これからの社員教育のあり方
1.自社育成と底上げ教育
 昨今、我が国は少子化が進み、どこの企業も現場では深刻な人手不足に陥っています。今後は、求人・雇用がますます難しくなります。成すべきは、有能な新卒者の採用に頼るだけでなく、自社による社員育成や底上げ教育をもって人材の育成・確保に臨まなければなりません。
2.人材育成は「心の教育」が必須
 石川語録「人は、その人生に渡るその時々において、『心の成長』が段階的に育まれるべき」。人の成長において最も大切なことは『心の成長』です。知識、技量、体力の著しい成長があろうとも『心の成長』がともわない社員はと仕事人としての成長も望めません。

講演実績

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
男女新入隊員約80名に対して、一社会人、一成人としての人間性の向上をテーマに講演をしました。
自衛官に採用され、基本的教育を受ける中でのスキルアップ講座。
聴講者の皆さんは、終始、目を輝かせ、私の講話を真剣に聞き入ってくれたと思っております。
昨日の、講話の中で、何か一つでも隊員の皆さんの心の中に残るものがあれば幸いです。
私が感じたのは、これからの聴講者の皆さんの心の成長が楽しみです。

講話後の質疑応答では、3人の隊員の方から質問を受け、私なりに回答を変えさせて頂きました。

<開催目的に対して>
現在のところ、評価は頂いておりませんが、次回、令和3年6月に新たな新入隊員の方の入隊があり、その時の講演についても依頼を受けました。

来年の春季入隊者は、学生数が数百名と伺いました。次回に向けて、「心の教育」をテーマに講演準備を進めて参りたいと思います。

<主催者>航空自衛隊 防府南基地 航空教育隊様

<会合名>第1教育群

<タイトル>心の教育 「感性豊かな人間性を求めて」

<受講者の反応・成果>
 入社して6か月が経過した新入社員に対して、安全教育を行いました。講義はPowerpointを用いて行い、プレゼン資料と同じものを教科書として配布し、重要個所を空欄にして聴講者が書き込みができるように工夫して安全教育を実施しました。
 講話内容は次のとおり。
  1.安全の基本概念
  2.「法令遵守」
  3.「プロの意識」
  4.「PDCAサイクル」と「P( i )DCAサイクル」

 「プロの意識」については、実習を取り入れて解りやすく教授するなど、新入社員の皆さんが1時間30分の講義で最後まで興味を持ち、集中できるように工夫しました。講義をしながら受講者の目を見るに、皆さんの表情は真剣であり、最後まで講師と受講者のコミュニ―ションは維持でき、有効な講義ができました。
 受講者の皆さんに持ち帰れる教科書を配布しましたので、講義の復習や知識の再確認ができるようにしました。受講者にとって有益な講義になったと考えます。(講師自己評価)

<開催目的に対して>
主催団体からの評価は得ていません。
なお、この新入社員安全教育は2年目であり、昨年9月に安全教育依頼が入った時、主催会社の安全室長から弊社に対して「昨年、安全教育を行った石川講師に今回も実施してもらいたい」とのオーダーを頂きました。

<主催者>製造業株式会社様

<会合名>製造会社及び下請負会社協力会(新入社員安全教育)

<タイトル>新入社員安全教育「法令遵守とプロ意識」

講演タイトル例

教育・青少年育成 心の教育  「 感性豊かな人間性を求めて 」

感性の醸成には、五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)に加え、第六感、第七感の育みを目指しましょう。 第七感とは、人の心を感じることのできる自身の心の働きのことです。 ◆1 心の教育 「 感性豊かな人間...

プランへ移動

安全管理・労働災害 安全衛生管理「ものづくり現場における『送り出し教育』教科書の必然性」

厚生労働省が推奨する「労働安全衛生マネジメントシステム」(OSHMS)は、事業者が労働者の協力の下に「計画(Plan)-実施(Do)-評価(Check)-改善(Act)」(PDCAサイクル)という一連...

プランへ移動

リーダーシップ 中堅管理職(課長・係長)が目指す「現代のリーダーのあるべき姿」

中堅管理職は、それぞれの部課に与えられた本来の業務を遂行するとともに、部下に対する業務管理、勤務評定、教育、指導、メンタルヘルスケア(悩み相談傾聴)などの付帯業務も必須であり、これを避けて通るわけには...

プランへ移動

教育・青少年育成 憧れから夢へ 夢から歩みへ 歩みから夢の達成へ

私は小学生の頃に航空機のパイロットに憧れました。大空に憧れ友達と一緒に模型飛行機を飛ばそうとベニヤ板を工作し…。/高校3年生の時は進学に悩み、憧れを夢に替えて「パイロットは無理だけど航空整備員なら…」...

プランへ移動

人材・組織マネジメント 海上自衛隊の底上げ教育・立ち直らせ教育にみる人材育成の原点

公務員あるいは大手企業などでは毎年、大卒の優秀な人材が採用されます。一方、自衛官(特別国家公務員)の場合は、年間の採用人数が多いがゆえに、入隊してくる隊員は高卒者や大卒者が混在、あるいは再就職者も含ま...

プランへ移動

安全管理・労働災害 新入社員安全教育(法令遵守とプロ意識)

高校、大学を卒業し、社会人となった若い社員の方々に対して安全教育を実施します。  安全の定義とは、危険な状態とは、危険をどう認識しマネジメントするのか。このような導入から講義し、「存在するのは危険だけ...

プランへ移動

メンタルヘルス カウンセリングから見えた人生

昨今の会社・団体、学校など組織の中で起こるパワハラやセクハラを始め、多くのメンタルヘルスに絡む問題は、殺伐とした人間関係の心のもつれが起因します。状況の悪化によっては、人の悩みは時に精神疾患や自殺に至...

プランへ移動

  • 回想録「深海に眠る君へ…、」
  • 進入社員教育プレゼン資料
  • 「エフエムいわくに」ラジオパーソナリティ

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別