()

  • HOME »
  • 山西敏博 (K-16111)

山西敏博
やまにしとしひろ

国際音楽メンタルセラピスト協会会長(童謡コンシェルジュ) 音楽心理療法士・大学教授

国際音楽メンタルセラピスト協会会長(童謡コンシェルジュ) 音楽心理療法士・大学教授

日本初の【童謡メンタルセラピー】創設者です。「童謡」から『脳科学・認知心理学』や『マインドフルネス』を交えて、癒しと元気を施す音楽心理療法を実践しています。既に国内や外国人向けに30数ヶ所で実践され、好評を得ている画期的な心理療法です。この実践は韓国国内にも広がりを見せています。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
ビジネス教養 メンタルヘルス
実務知識 安全管理・労働災害
社会啓発 教育・青少年育成

関連記事

健康経営を目指す企業こそマインドフルネス研修を! 社員満足度が上がる研修プラン12選

マインドフルネスとは、今目の前で起きていることだけに集中している状態、あるいは意識的にその状態を作り出すことです。マインドフルネスでは余計な雑念を排除するため、ストレスに強い心を育てることができると、ビジネスパーソンの間...

プランへ移動

山西敏博のプロフィール

■学歴・職歴
ハイデルベルグ大学院修了(MA)、大阪大学大学院博士後期課程満期単位取得。国際音楽メンタルセラピスト協会 会長。大学教授。現代アメリカ研究者、言語社会学者、音楽心理学者。前「日本海新聞 潮流」 コラムニスト。

■講演実践歴
2015年度から2019年度まで、市民公開講座を皮切りに、北海道から熊本県まで全国11都道県にて開催。他 実践32年、計250 回以上の学会・研究会での発表を行なう。

■マスコミ掲載歴
「信濃毎日新聞」(2019.5)・ 「日本テレビ:マツコ会議」(2018.12, 2019.2)・「関西テレビ:報道ランナー」(2018.10)・「山陰放送:テレポート山陰」(2017.2, 6)・「朝日新聞」(2017.10)・「読売新聞」(2017. 5)
他 多数

■活動歴
 講師は幼少の頃の転校による嫌がらせを受けたり、就職活動で延べ3百数十社に落とされるなど、壮絶な人生経験をしてきています。そこから這い上がり、日本初となる【童謡メンタルセラピー】を設立し、精神的に病める方々に対して幅広い心理的な支援活動をしています。
 2011年「東日本大震災」、2015年「栃木県・鬼怒川堤防決壊災害」、また2016年「熊本地震・鳥取中部地震」2018年「北海道胆振東部地震」における心理支援活動も数多く行なってきています。
 【童謡メンタルセラピー】とは、「童謡」を大人の方々に聴いて頂き、そこから「認知心理学・脳科学」を活用させた心理療法を用いて、受講者に精神的に癒しを持って頂く実践です。さらに鳥取県を代表する【岡野貞一氏】が生み出した、日本を代表する『ふるさと・もみじ』などの名曲をも扱うことで、鳥取県から日本全国へと発信する活動としています。『仕事や子育てに追われる社会人・主婦』や、『高齢者・認知症患者』の方々にも効果的です。
 学生・社会人・高齢者向けと、受講生の方々に合わせた活動を展開しています。これに加えて「時事英語・社会学・心理学」を融合させた、『4者択一方式・英語試験問題の効果的な解法の仕方』や、『ドナルド・トランプ政権の研究』もしています。座右の銘は【人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから】 です。

■著書: 【GENIUS英和大辞典】 (大修館書店)
      【『童謡』で絶対元気になれる!― 心揺さぶる【童謡メンタルセラピー】とは】(2018年5月 United Books 社:重版・韓国語版 10月刊行) 他 計62 冊

講演タイトル例

  • 2016.5 熊本・大分地震 被災者支援活動(益城町)
  • 2016.11 鳥取中部地震 被災者支援活動(倉吉市)
  • 2019.1 鳥取県米子市 童謡メンタルセラピー講演(米子市)

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別