「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 井上麻矢 (K-16206)

井上麻矢 いのうえまや

劇団こまつ座代表/エッセイスト

故・井上ひさしの三女として生誕。高校在学中パリに留学。帰国後、スポニチ勤務を経て、二女の出産を機に退職。様々な職を経験し、二期リゾートフィジカルトレーナーとして活躍。2009年こまつ座社長に就任し、読売演劇大賞優秀作品賞など受賞多数。著書「夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉」他。

音楽・芸術関係者 経営者・元経営者
男女共同参画 意識改革 人権・平和

井上麻矢のプロフィール

■職歴・経歴
1967年 作家、劇作家の故・井上ひさしの三女として東京・柳橋に生まれる。
千葉県市川市で育ち、御茶ノ水の文化学院高等部英語科に入学。
在学中に渡仏し、パリで語学学校と陶器の絵付け学校に通う。

帰国後、スポーツニッポン新聞東京本社勤務。
二女の出産を機に退職し、母として様々な職を経験する。
その後、二期リゾートで二期倶楽部東京直営ギャラリーの企画を担当する傍ら、IFPA(英国)認定国際アロマセラピスト、フィジカルトレーナーとして活躍。

2009年4月こまつ座入社。
同年7月より支配人、同年11月より代表取締役社長に就任。
2014年 市川市民芸術文化奨励賞受賞。
2015年 井上ひさしから語られた珠玉の言葉77をまとめた「夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉」と、自身が企画した松竹映画「母と暮せば」【第39回日本アカデミー賞優秀作品賞受賞】の小説版「小説 母と暮せば」(山田洋次監督と共著)を連続刊行。

■こまつ座の受賞歴(代表就任以降の受賞)
2012年 
第37回菊田一夫演劇賞特別賞
第47回紀伊國屋演劇賞団体賞
フランコ・エンリケツ賞(イタリア)
2016年
『マンザナ、わが町』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞

■著書
「夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉」(集英社インターナショナル/2015年)
「小説 母と暮せば」(山田洋次監督と共著:集英社/2015年)
「しあわせ途上家族」(講談社/2001年)
「激突家族―井上家に生まれて」(中央公論新社/1998年/石川麻矢名義)

講演タイトル例

男女共同参画 女性の生き方
~さまざまな職を生きる時代に、何が必要なのか~

さまざまな職を体験して得たものは何か。 そして生きていくために必要なことは何かを、経験と実感を込めてお話しします。 大正生まれの祖母と江戸っ子の母を通して、女性が生きるということの喜び、女性が生き生き...

プランへ移動

意識改革 親子のかたち・家族のかたち 
~大切な人へ何を託して生きていくのか~

自分の経験の中で見えてきた、親子のかたちや家族のかたち。 そこで学んだ事は、「何を次の世代につなげていくのか」という視点を持つということ。 そうするとどんどん人生が前向きになる秘訣、そしてこれからの家...

プランへ移動

人権・平和 今、平和を問う
~父・井上ひさしから受け継いだ平和への思い~

父・井上ひさしは「日常の生活を突然奪われてしまった人たち」のエピソードを一つ一つ物語にしたいといいました。 今この時代に本当に願う平和とはもっと身近なところにあるという視点から平和を語ります。 父・井...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.