「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

西島迪恵 (K-16339)

  • HOME »
  • 西島迪恵 (K-16339)

西島迪恵 にしじまみちえ

ターミナルサポート富山 代表 終活ナース

300名以上の看取りケアを行ってきた看護師。終活の分野でも特に「看取り」(最期について考えること)をテーマに看護師としての経験と知識を活かし、延命治療や死生観、生きることについてお伝えしています。

医療・福祉関係者
医療・福祉実務 福祉・介護

西島迪恵のプロフィール

■職歴・経歴
富山県出身
19歳の時に父を亡くしたことを機に看護師を目指す。
平成18年に看護師国家資格を取得し、富山県内の病院に就職。
脳外科・神経内科病棟で5年間勤務し、結婚を機に退職。
その後、富山県内の老人保健施設に就職し、看取りと出会う。
これまで300名以上の方がより良く最期を迎えられるようにケアを行なってきた。
平成30年自身が代表を務める「ターミナルサポート富山」を設立


■背景
看護師として看取りケアを行う中で、「患者自身がどこで、どのように最期を迎えたいのか」
「最期までどのように生きたいのか」という患者自身の意志を家族に伝えていない方が多いことに疑問を持つ。
そして、望まない延命治療を受けたり、残される家族が延命治療の選択を迫られ、悩み、後悔を抱えているという現実を知る。
また、19歳の時に自身の父を亡くした際に多くの後悔を経験する。
「自分と同じような悲しい思いをする人を一人でも減らしたい」
という思いから看護師としての経験を活かし、「人生をより豊かにするために」「悔いのない人生を送るために」終活を普及させたいと活動を始める。
現在、終活ナースとして延命治療や死生観、生きることについて、終活セミナーや個別相談などを通じて数多くの方の悩みを解決している。
またその傍ら、介護施設への研修事業も行い、その活動の場を広げている。

講演タイトル例

医療・福祉実務 看護学生のための死生観の作り方

これから命の現場で働く看護学生には必須である死生観の作り方についてお伝えします。 看護師を志す学生が持つべき死生観とは何なのか? 生きることとは、死ぬこととはどういったことなのか、 などわかりやすくお...

プランへ移動

福祉・介護 300名以上の看取りケアを行ってきた看護師だから伝えられる終活講座

最近終活が話題となってきており、終活セミナーが開催されるようになってきていますが、 巷の終活セミナーは相続や財産、エンディングノートの書き方のテーマが多いです。 もちろん、それらは大切なことです。 し...

プランへ移動

医療・福祉実務 介護職のための死生観の作り方

近い将来訪れる「多死社会」に向けて、介護施設で行う看取りケアをサポート致します。 その取り組みの一つとして介護スタッフの精神的ケアです。 利用者さまの死についてどのように向き合うのか?など死を扱う経験...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別