「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

中倉彰子 (K-17621)

  • HOME »
  • 中倉彰子 (K-17621)

中倉彰子 なかくらあきこ

女流棋士 株式会社いつつ代表取締役

6歳で将棋を始め高3でプロデビュー。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動中。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん」や著書「はじめての将棋ナビ」など。

教育・子育て関係者
教育・青少年育成

中倉彰子のプロフィール

■経歴
1977年 東京都府中市出身。法政大学人間環境学部卒業。
6歳の頃より、父に将棋を教わり始める。その後、2歳下の妹中倉宏美とともに、府中市内の将棋道場に通う。
1991年・1992年 女流アマ名人戦で連続優勝
1992年 堀口弘治七段門下で女流育成会に入会
1994年4月 プロデビュー(高校3年生)
1995年 妹の宏美もプロになったことで、将棋界初の姉妹棋士となる。
2002年 妹(女流初段)とともに、姉妹棋士として映画「とらばいゆ」(大谷健太郎監督)のモデルとなる。
2000年4月~2003年3月 NHK杯将棋番組の司会を担当するなど、テレビ将棋番組の司会・聞き手。
2007年5月 日本将棋連盟から、公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)へ移籍。
LPSAでは、事業部を担当。商品開発や、イベントの企画・営業・プロディースなど行う。
2007年 第1回武蔵の国府中けやきカップ開催。企画運営を妹・宏美と担当。以降、毎年3月の恒例行事となる。「女の子に夢と憧れのある女流棋界をつくること」と「女性への普及」を目標として活動。
2010年 長男を出産。
現在は三児の母。育児に悪戦苦闘する日々の中、対局、普及活動に努める。
2012年 「はじめてのしょうぎセット」WODDY&PUDDY×LPSAコラボ商品を企画販売。
2015年 「はじめてのしょうぎDVD」を出版。企画構成出演を手掛ける。
2015年3月 現役を引退。21年間の現役生活を終える。
2015年 「はじめてのしょうぎセット」リニューアルにともなう企画担当。
2015年10月 株式会社いつつ設立 代表取締役に就任。
現在、子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動している。
また、3児の母親として、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。

■著書
将棋入門ドリル『はじめての将棋手引帖5巻シリーズ』
将棋の絵本『しょうぎのくにのだいぼうけん』(講談社)
『脳がぐんぐん成長する将棋パズル』(総合法令出版)」
『はじめての将棋ナビ』(講談社)

講演タイトル例

教育・青少年育成 自分の頭で考える力を育む子育てとは

小さい頃から、自分の頭で「考える力」をどのように育んでいくのか? 今すぐ使える「考える力」の育み方を提案させていただきます。 センター試験が廃止されるなど、大学入試も大きく変化していく昨今、今後はどう...

プランへ移動

  • 杏林堂主催子育てイベント「五歳(いつつ)のすくすく子育て」

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別