「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

山本昌子 (K-18188)

  • HOME »
  • 山本昌子 (K-18188)

山本昌子 やまもとまさこ

保育士  児童養護施設出身者 ボランティア団体ACHAプロジェクト代表

乳児院、児童養護施設、自立援助ホームで育つ(生後4ケ月~19歳)。現在は保育士の傍ら、児童養護施設出身者へ振袖を着る「ACHAプロジェクト」代表、児童養護施設出身者3人組「THREEFLAGS-希望の狼煙-」のYouTube発信チームメンバーとしても活動。講演・研修、新聞取材、テレビ出演など多数。

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者 実践者
福祉・介護 教育・青少年育成

山本昌子のプロフィール

【経歴】
生後4か月から19歳まで乳児院、児童養護施設、自立援助ホームで育つ。
現在は、児童養護施設出身者へ振袖を着る機会を提供し「生まれてきてくれてありがとう」を伝えるボランティア団体「ACHAプロジェクト」代表を務め活躍。
児童養護施設出身者3人組YouTube情報発信番組「THREEFLAGS-希望の狼煙-」のチームメンバーとしても活動。

【講演実績】
福祉系専門学校、大学授業
児童養護施設職員研修、埼玉県児童虐待防止サポート研修
ロータリークラブ、ライオンズクラブ講演
イベント講演
勉強会講師

​【メディア出演】
<新聞>
毎日新聞6回、東京新聞5回、読売新聞3回、朝日新聞1回、福祉新聞2回、西日本新聞3回、産経新聞2回、新潟日報新聞1回
ラジオ出演7回
<書籍>
フォアミセス「そだちとすだち」ACHAプロジェクト漫画化
日本の児童養護施設と東南アジアの孤児院ACHAプロジェクト書籍化
​<インターネットメディア掲載>
​「soar」「HUFFPOST」 「BuzzFeed」 「RidiloverJournal 」「IRORIO 」 
​<テレビ出演>15回(2019~2020)
NHK「おはよう日本」TBS「ニュースな2人」フジテレビ「フューチャーランナーズ」など

講演実績

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
「当事者の経験に基づいたお話が具体的なイメージに繋がり、とても考えさせられる内容でした。」「聞きたい事をダイレクトに質問することが出来とても良かったです。」とのご感想が寄せられました。

<開催目的に対して>
「参加者の意識の高まりを感じられるものだった」との評価を頂きました。

<主催者>埼玉県こども安全課様

<会合名>埼玉県児童虐待防止サポーター研修

<タイトル>児童虐待防止

<受講者の反応・成果>
「中々聞ける機会のない当事者の声に、働いている中での疑問の解決や職員と子ども間での問題の壁に気がつくきっかけに繋がりました」「この仕事をしていて良かったと感じ、よりやりがいを改めて実感することが出来ました」との声を頂きました。

<開催目的に対して>
「普段職員間では中々伝えることの難しい部分での問題提議をすることができ、成長に繋がった」との評価を頂きました。

<主催者>滋賀県児童養護施設守山学園様

<会合名>職員研修

<タイトル>児童養護施設退所者の声を通して、職員の意識の向上

<受講者の反応・成果>
「教科書と向き合う講義よりもさらに、児童養護施設を身近に感じイメージすることが出来ました」との声を頂きました。振袖のACHAプロジェクトの話を通して「振袖を着れることが当たり前でないことを知り、お母さんにありがとうと伝えたと思いました」との声を頂きました。

<開催目的に対して>
児童養護施設に実習に行く前の生徒たちの不安の軽減に繋がったとの評価を頂きました。

<主催者>京都造形芸術大学様

<会合名>京都造形芸術大学講義

<タイトル>児童養護施設の当事者の経験に基づく学び

<受講者の反応・成果>
「ご自身の経験をはじめ、支援活動を通じて知り合った退所者たちの生きずらさなど、リアルなお話を伺うことができました。」「何よりも山本さんのポジティブな姿勢、明るい笑顔に多くの人が刺激を受け、励まされました。」「大切なメッセージを伝えていただき、ありがとうございました。」との声を頂きました。

<開催目的に対して>
「500人もの人達の目の前で堂々とした講演素晴らしかったです。」「多くの人たちの心に大切なことを残すことが出来たかと思います。」との評価を頂きました。

<主催者>ブリッジフォースマイル様

<会合名>Coyell

<タイトル>社会的養護への関心、虐待に関する事への啓発

<受講者の反応・成果>
「当事者参加団体の代表者という立場と、施設生活経験者の立場からの話でしたが、めったに聞けない貴重な話だった」との声をもらいました。

<開催目的に対して>
普段の授業よりも具体性のあるお話に生徒たちもとても食い入るように授業に参加していました。との評価を頂きました。

<主催者>埼玉福祉保育専門学校様

<会合名>埼玉県福祉保育専門学校「児童養護ゼミ」

<タイトル>児童養護施設経験者からの学び

講演タイトル例

福祉・介護 教育現場への児童養護施設での経験に基づく知識の共有

・児童養護施設に対する正しい知識の提供 ・児童養護施設在園児への対応の仕方やアドバイス ・児童養護施設基礎知識 ・自身の経験に基づく話 ・NGなしで何でも質問にお答えします 学校や教育現場にて児童養護...

プランへ移動

福祉・介護 児童養護施設へのご支援をお考えの企業様への児童養護施設での経験に基づいた人生観

・児童養護施設出身ということから「可哀想」との偏見が生まれる傾向にありますが、その実態の正式な認識に繋げ、偏見をなくす ・一見「マイナス」に見えることを「プラス」に変換する意識改革 ・当たり前に対する...

プランへ移動

教育・青少年育成 20歳を迎える若者へ振袖のボランティア団体
【ACHAプロジェクト】の活動紹介

・振袖が着れることが当たり前ではないという事 ・振袖がファッションショー的な要因だけでなく、親御さんからの「愛情」の籠ったプレゼントだという事への感謝の気持ち ・代表山本昌子の生い立ち ・団体設立経緯...

プランへ移動

  • 埼玉県児童虐待防止サポート研修の様子
  • イベントでの講演の様子
  • 京都造形芸術大学での授業の様子

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別