「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

大隅 潔 (K-1857)

  • HOME »
  • 大隅 潔 (K-1857)

大隅 潔 おおすみいさぎ

元 スポーツニッポン新聞記者 東京相撲記者クラブ会友

東京五輪背泳代表として活躍の後、スポーツニッポン新聞に入社。スポーツ記者、運動部デスク、東京本社常務取締役・西部本社(九州)代表、(株)スポニチクリエイツ代表取締役等を歴任。著書『横綱大鵬 晩節のかがやき』。現在は、東京相撲記者クラブ会友としてマスコミや講演会などで活躍している。

評論家・ジャーナリスト スポーツ関係者・指導者
文化・教養

大隅 潔のプロフィール

■職歴・経歴
1942年 静岡県生まれ
1961年 浜松商業高校を経て明治大学法学部に入学。
1964年 東京五輪「200メートル背泳」の代表選手として2分17秒0の自己ベスト記録を出すが、世界9位準決勝で惜しくも敗退。
1965年 スポーツニッポン新聞に入社。
1967年からスポーツ記者として大相撲、ボクシング、野球(巨人担当)、ゴルフとプロスポーツ一筋の取材に当たる。その後、運動部デスク、写真部長、編集局次長、事業局長、東京本社取締役(広告・事業担当)などを経て、現在は常務取締役・西部本社(九州)代表、(株)スポニチクリエイツ代表取締役等を歴任。
また、1991年4月から6年間、TBS系テレビ土曜日夜の情報生番組「ブロードキャスター」のスポーツ解説を務める。多芸、多才で出身地の静岡県からは「観光大使」「広報アドバイザー」を委嘱される。
現在は、東京相撲記者クラブ会友の立場から、マスコミや講演会などで活躍している。

■著書
『横綱大鵬 晩節のかがやき』(小学館/2010年)

講演タイトル例

文化・教養 大隅 潔の角界レポート
佐渡ヶ嶽親方は親方になって何故成長したのか

元横綱、琴桜の佐渡ヶ嶽親方は現役時代は二流の横綱だったが、今は角界一の大部屋の師匠。理事で審判部長の要職にある。この人の生きざまは“他人より早く、そして粘る”というスカウト活動にすべてが出ている。スタ...

プランへ移動

大相撲ファンならここが知りたい
 年寄株のすべてと現状

角界は一般人では、なかなか、分かりにくい面が多くある。元大関 ・霧島がなかなか引退できなかったのもその一つ。年寄株がなかったため。年寄株とは?年寄株をめぐる悲喜こもごもを分り易く説明します。テレビを見...

プランへ移動

スポーツ選手・記者を通じ知ったこと
 人間の強さと弱さ

私は東京五輪の水泳の代表選手からスポーツ記者に転じました。学生時代に体調を崩しながら自己新をマークした話やスポーツ紙のデスクにたってノイローゼで3カ月通院した経験もある。病は気からを身をもって体験した...

プランへ移動

数少ない名選手に学ぶ
 真のプロとは?

最近はアマスポーツ選手もCMに出たり、お金をもらったり、プロとアマの差がなくなりました。結果を出せる人がプロで、ダメな人がアマというのが私の持論ですが真のプロフェッショナルはお客だけでなく審判も味方に...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別