「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

汐見稔幸 (K-2590)

  • HOME »
  • 汐見稔幸 (K-2590)

汐見稔幸 しおみとしゆき

東京大学 名誉教授 白梅学園大学 前学長

教育学、子どもの発達的人間学(教育人間学)、特にことばと人間形成を専門とする教育哲学者の一人。わかりやすくユーモアにあふれた講演内容は、教育現場で働くプロの教育者から子育て中の親まで幅広く支持されている。東京大学大学院教育学研究科教授、白梅学園大学・同短期大学学長などを歴任。

教育・子育て関係者
教育・青少年育成

汐見稔幸のプロフィール

■職歴・経歴
1947年大阪府生まれ
2018年3月まで白梅学園大学・同短期大学学長を務める。
東京大学名誉教授、日本保育学会会長、全国保育士養成協議会会長、白梅学園大学名誉学長、社会
保障審議会児童部会保育専門委員会委員長、一般社団法人家族・保育デザイン研究所代表理事。
専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。21世紀型の教育・保育を構想中。保育についての自
由な経験交流と学びの場である臨床育児・保育研究会を主催。同会発行の保育者による本音の交流
雑誌『エデュカーレ』の責任編集者も務め、学びあう保育の公共の場の創造に力を入れている。
小西貴士氏らと21世紀型の身の丈に合った生き方を探るエコビレッジ「ぐうたら村」を建設中。

■保育・幼児教育関係の最近の主な著書
『保育者論 』2010年 、改訂版2018年(ミネルヴァ書房 、共編著 )
『子どもにかかわる仕事』 (岩波ジュニア新書) 2011年(岩波書店 編著)
『よく分かる教育原理』 編著 2011年(ミネルヴァ書店 編著)
『本当は怖 い小学一年生 』 2013年ポプラ新書(ポプラ社)
『子どもを「人間 としてみる」ということ:子どもとともにある保育の原点』 2013年佐伯胖編著
(ミネルヴァ書房 )
『保育のグランドデザインを描 く : これからの保育の創造にむけて』 2016年(ミネルヴァ書房 )
『「天才」は学校では育たない』 2017年ポプラ新書(ポプラ社)
『さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか: 2017年告示 新指針・要領からのメッセージ』 2017年大枝桂子氏との共著(小学館)
『汐見稔幸 こども・保育・人間』(Gakken 保育 Books) 2018年新田新一郎編 汐見著(学研)
『〈平成 30 年施行〉保育所保育指針 幼稚園教育要領 幼保連携型認定こども園教育・保育要領 解説
とポイント』汐見、無藤監修2018年(ミネルヴァ書房)
『0・1・2 歳児からのていねいな保育 全 3 巻』 2018年(フレーベル館) など

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
子育て講演会

<受講者への貢献> 子育ての喜びと大切さをあらためて確認でき、地域のつ....

大分県
2018/09月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

教育・青少年育成 みんなで一緒にのびのび子育て ~育つ楽しさ、育てる素晴らしさ~

教育・青少年育成 ちょっと元気になる保育の話

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

保育の世界ではとても高名で、NHK「すくすく子育て」でもおなじみの汐見稔幸さん。いつも幅広い視野でお話くださる講演内容は、教育従事者や保護者の方から絶大な信頼を得ています。

主な講演タイトルに「みんなで一緒にのびのび子育て~育つ楽しさ、育てる素晴らしさ~」「これからの保育士に求められる課題~子どもの育ちという視点から保育を見直そう~」「男女が共に担う子育て」など。
これまでの実績に「保育士向け主任・リーダー研修」「保育協議会 保育フォーラム」「私立幼稚園協会 教員研修会」「保育所連合会 保育士部会研修会」「幼稚園 子育て講演会」「教育委員会 男女共同参画フォーラム」などがあります。

聴講された方からは「汐見先生の話はさすがだなと思わせる内容でした」「具体的な方法を教えていただいたり、信頼度バツグンのデータでとても充実した研修でした」「実際の起きている問題から、教育・保育が本来どうあるべきかまで、子育て中の方に励ましをいただける内容でした」「大切なポイントを押さえながら話してくださり、先生のお話がスーッと頭に入り、大変分かりやすかったです」との声をいただいています。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別