「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

成田真由美 (K-3873)

  • HOME »
  • 成田真由美 (K-3873)

成田真由美 なりたまゆみ

パラリンピック水泳選手

横断性脊髄炎を発症し13歳で下半身不随となる。1996年アトランタ大会から東京2020まで通算6回出場。パラリンピックで15個の金メダルを獲得。圧倒的な強さから「水の女王」と呼ばれる。講演を通し、障害者や障害者スポーツの周知に尽力するなど、多方面で活躍。

スポーツ関係者・指導者
人権・平和

成田真由美のプロフィール

■経歴
1970年神奈川県出身。
中学入学後、横断性脊髄炎を発症し、下半身不随となる。もともと水泳嫌いであったが、23歳の時、水泳のリレーメンバーに誘われ、勇気を奮って挑戦。その後、アトランタ、シドニー、アテネ、北京とパラリンピック4大会連続出場を果たし、金メダル15個・銀メダル3個・銅メダル2個と計20個のメダルを獲得。
北京大会後、代表選手としての活動から退くが、2015年「水泳に挑戦する若い選手が増えてほしい」「必ずどこかに逸材はいるはず」との思いから、約7年ぶりに選手として復帰。2016年 5度目となるリオデジャネイロパラリンピックへ出場。50m自由形、50m背泳、100m自由形で日本新記録をマークする。さらには400m自由形リレー、400mメドレーリレーにおいて日本新記録更新に貢献。2018年インドネシア・アジア大会でも100m・200m自由形で大会記録。200m男女混合フリーリレーで金メダル獲得。6度目となる東京2020パラリンピックでは水泳女子50m背泳ぎ(運動機能障害S5)6位入賞。

一方、講演を通して、障害者や障害者スポーツの周知活動を続け、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事、川崎市市民文化大使、かわさきパラムーブメント推進フォーラム共同委員長、公益財団法人笹川スポーツ財団評議員、東御市湯の丸高原高地トレーニング施設検討委員会委員などを務める。日本転倒予防学会名誉会員。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
青少年健全育成講演会

<受講者への貢献> 中学生と保護者を中心とした受講者層であったが、この....

山形県
2019/11月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 自分の可能性を求めて

・障がいをもっているということ  私は歩くのが苦手なので、車いすに乗っているだけ。 目が悪い人がメガネをかけるのと同じ感覚。 だから、特別な目で見られると、少し違和感を覚える。  内部障がいの方などは...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別