「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

有森裕子 (K-5155)

  • HOME »
  • 有森裕子 (K-5155)

有森裕子 ありもりゆうこ

元 プロマラソンランナー

バルセロナ五輪で銀メダル、アトランタ五輪で銅メダルを獲得。国内外のマラソン大会等に参加する一方「スポーツを通じて希望と勇気をわかち合う」を目的としたNPO法人ハート・オブ・ゴールド 代表理事として、また、スペシャルオリンピックス日本理事長として、国際的な社会活動に取り組んでいる。

スポーツ関係者・指導者
意識改革 教育・青少年育成

有森裕子のプロフィール

■職歴・経歴
1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、株式会社リクルート入社。
バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。
1998年 NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。
2002年4月 アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現・株式会社RIGHTS. )設立。
国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員、スペシャルオリンピックス日本理事長、日本陸上競技連盟理事。他これまで、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等の要職歴任。
2007年2月18日 日本初の大規模市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。
2010年6月 国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。
同12月、カンボジア王国ノロドム・シハモニ国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字章(だいじゅうじしょう)を受章。

■主な競技歴
1992年バルセロナ五輪2位、95年北海道マラソン女子優勝、96年アトランタ五輪3位、99年ボストンマラソン3位(自己ベスト:2時間26分39秒)

■講演内容
信条は「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」。“よろこびを力に・・・”“思い続ければ夢はかなう”などをテーマに各地で講演を行う。「常に物事に対して自分が何をしたいかを考え、探し、その思いを持ち続けることが大事」と、スポーツを通して得た思いを語る。

■著書
『やめたくなったら、こう考える』(2012年 PHP研究所刊)  
『有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!』(2009年 マガジンハウス)
『スマイル・ランニング フォー・レディース』(2009年 保健同人社)
『わたし革命』(2003年 岩波書店)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
記念講演会

<受講者への貢献> 大変好評でありました。 多くの方が、来場いただき、....

和歌山県
2018/10月
金融業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

意識改革 よろこびを力に・・・

・必死で取り組んで、何かを成し得た時の喜びを知って欲しい。 ・諦めずにやることの意味を、それぞれの身体を使って感じてもらいたい。 ・誰にでもチャンスはある。大切なのは、自ら手を伸ばして、そのチャンスを...

プランへ移動

教育・青少年育成 子どもたちの「人間力」を育む
~学力だけでは量ることのできない人としての魅力とは~

現代人は学力や体力といった能力はありますが、踏ん張って乗り越えていく強い力が備わっているでしょうか。生きていくには、立ちはだかる困難に向かっていく強い力、いわゆる「人間力」が不可欠なのです。  すぐあ...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別