「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

辺真一 (K-5670)

  • HOME »
  • 辺真一 (K-5670)

辺真一 ぴょんじんいる

ジャーナリスト コリア・レポート編集長

1947年東京都生まれ。新聞記者(10年)を経てフリーに。80年より北朝鮮を取材し、テレビ・ラジオでも評論活動を始める。92年より韓国取材開始(以後今日まで30数回に及ぶ)。現在は、朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポ ート」編集長を務め、多方面で活躍。

評論家・ジャーナリスト
人権・平和 時局・経済

辺真一のプロフィール

■職歴・経歴
1947年 東京都生まれ
1971年 明治学院大学(英文科)卒業
      新聞記者(10年)を経てフリーに
1980年 北朝鮮取材
1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。現編集長
1985年 「神戸ユニバシアード」で南北共同応援団結成。統一応援旗を製作
1986年 テレビ・ラジオで評論活動を開始
1991年 南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催
1992年 韓国取材開始(以後今日まで三十数回に及ぶ)
1998年 ラジオたんぱ「アジア・ニュース」パーソナリティ
1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人
2003年 海上保安庁政策アドバイザー(~2015年3月)
2003年 沖縄大学客員教授(現)
日本ペンクラブ会員、日本外国特派員協会会員

■著書
『真っ赤な韓国―金正恩に操られる親北政権の絶望的な内幕』(共著・宝島社)
『在日の涙―間違いだらけの日韓関係』(飛鳥新社)
『北朝鮮と日本人―金正恩体制とどう向き合うか』(共著・KADOKAWA)
『大統領を殺す国 韓国』(KADOKAWA)
『世界が一目置く日本人、残念な日本人』(三笠書房)
『「金正恩の北朝鮮」と日本』(小学館)
『どうなる!これからの北朝鮮』(PHP研究所)
『45分でわかる!14歳からの北朝鮮のすべて。』(マガジンハウス)
『「金正日」の真実』(小学館)
『金正日「延命工作」全情報』(小学館)
『強者としての在日』(ザ・マサダ)
『「北朝鮮」知識人からの内部告発』(三笠書房)
『ビジネスマンのための韓国人と上手につきあう法』(ジャパン・ミックス)
『朝鮮半島Xデー』(DHC)
『表裏の朝鮮半島』(天山出版)
訳書に『北朝鮮潜水艦ゲリラ事件 潜行指令』(ザ・マサダ)『凍れる河を超えて』(講談社)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
業界団体主催「総会 記念講演」

<受講者への貢献> (お客様アンケートよりのご意見) 通常はメディアか....

愛知県
2019/04月
業界・職業団体
新春講演会

<受講者への貢献> <受講者への貢献> 緊迫する北朝鮮問題についてマス....

青森県
2017/01月
商工会

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 似て非なる日本人と韓国人

日本人と韓国人は外見は似ている。しかし、実際には似ていない面、非なる部分が多い。相違の部分を知り、理解することが、相互理解への近道である。類似、共通点を見いだすことも大事だが、異なる部分を理解し尊重す...

プランへ移動

人権・平和 拉致と核問題と日朝関係の行方

日本人拉致問題が今後どのように展開、解決に向かうのか。 日本の安全保障にとって重要な北朝鮮の核問題が、6カ国協議の場で外交的に平和的に解決するのか。 仮に核問題が平和裏に解決せず、米朝間の軍事衝交に発...

プランへ移動

人権・平和 心の国際化をめざして
~人権感覚豊富な社会実現を~

人権を守るということは、自らの人権とともに相手の権利も尊重するということです。互いの違いを認める相互理解が必要です。  私は韓国人ですが、韓国人は愛国心が強く、悪く言えば自己中心的な国民性を持っていま...

プランへ移動

時局・経済 日本と朝鮮半島の将来

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別