()

  • HOME »
  • 川島隆太 (K-6567)

川島隆太
かわしまりゅうた

東北大学加齢医学研究所 教授

東北大学加齢医学研究所 教授

東北大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科修了。医学博士。現在、東北大学加齢医学研究所教授。東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターセンター長などを歴任。2009年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」、2009年井上春成賞、2013年河北文化賞などを受賞。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
社会啓発 教育・青少年育成
文化・教養 文化・教養 健康

関連記事

【SBスタッフ事例レポート第27回】
オンライン講演成功の鍵はリハーサルにあり

オンライン講演を成功させるのに一番大切なものは何でしょうか? 著名な講師を呼ぶこと? それとも整った環境で配信すること? もちろん、それらも成功のポイントにはなりますが、一番重要なのは事前のリハーサルなのです。 リハーサ...

プランへ移動

【教職員研修】教職員のためのオンライン研修プラン

コロナ禍以降、普及したオンライン研修。参加者は場所や時間に制限されることなく気軽に参加できることから、コロナ禍以降も引き続き根強い人気のある開催方法です。 教職員研修においてもこのオンライン化が進められ、毎月一定数の開催...

プランへ移動

【学校・PTA向け】集中力・学力アップ! 受験対策セミナー

子どもたちが生まれて初めての苦難となる受験。長い受験への道は、アップダウンも激しく、親子ともども疲れ切ってしまうもの。できれば、我が子が最後に全力を出し切り、後悔しない本番を迎えるためにも、メンタル、体ともにベストな状態...

プランへ移動

川島隆太のプロフィール

■経歴
1985年 東北大学医学部卒業
1989年 東北大学大学院医学研究科修了
スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員、東北大学加齢医学研究助手、同講師、東北大学科学技術共同研究センター教授を経て、2006年より東北大学加齢医学研究所教授。
2009年~2023年3月 東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング学際重点研究センター長
2014年~2023年3月 東北大学加齢医学研究所所長
2017年~2023年3月 東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターセンター長
2024年 宮城県蔵王町観光大使に就任

■受賞
2008年 「情報通信月間」総務大臣表彰
2009年 科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」
2009年 井上春成賞
2013年 河北文化賞

■研究テーマ
脳機能イメージング
脳機能開発研究
認知症予防

■著書・論文
『スマホはどこまで脳を壊すか』(朝日新聞出版 2023年)
『オンライン脳』(アスコム 2022年)
『川島隆太教授の大人の脳活力UPドリル』(扶桑社 2022年)
『脳の老化を防ぐ速音読ノート―読みやすい大きな文字』(大和書房 2020年)
『記憶力と判断力がよくなる速音読ノート』(大和書房 2019年)
『認知症の脳もよみがえる頭の体操』(アチーブメント出版 2018年)
『川島隆太教授のもっと脳力を鍛える150日パズル』(宝島社 2018年)
『スマホが学力を破壊する』(集英社 2018年)
他多数

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
子育て講演会 2023年10月/埼玉県 教育委員会 内容とても良く、参加者の反応もよかった….
生徒向け特別教室 2023年2月/鹿児島県 学校・PTA データに基づいた分かりやすい内容だったので、多くの….
研修会 2022年7月/宮城県 学校・PTA 今の学校教育が抱える喫緊の課題についての内容だった….
学校教育団体 オンライン特別講演 2022年3月/北海道 学校・PTA 参加した教職員からは、講話内容に大いに刺激を受け、….
ユーザー企業向けセミナー 2019年11月/宮城県 製造業 講演は大変好評であった。.

実績をもっと見る

講演タイトル例

教育・青少年育成 + 子育てにおけるスマホと生活習慣など

健康 + 脳を育む食育

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別