「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 坂本博之 (K-8518)

坂本博之 さかもとひろゆき

元プロボクサー SRSボクシングジム 会長

日本ライト級チャンピオン、OPBFライト級チャンピオンとしてボクシング史上に残る名勝負を繰り広げた元プロボクサー。少年時代を児童養護施設で過ごした経験から「こころの青空基金」を立ち上げ、全国の児童養護施設で生活する子ども達へのこころの支援活動や、自立支援活動を精力的に行っている。

スポーツ関係者・指導者
教育・青少年育成

坂本博之のプロフィール

■職歴・経歴
1970年12月30日、福岡県田川郡川崎町生まれ。
家庭の事情により1歳前から乳児院・児童養護施設に入退所を繰り返す。
小学2年生のときに、児童養護施設「和白青松園」で8ヶ月を過ごし、ボクシングをテレビで見たことから、ボクサーになることを決める。8歳で母と上京。
埼玉県・小松原高等学校卒業後、東京都角海老宝石ボクシングジムに入門し、ボクシングを始める。1991年にプロデビュー、連続KOの山を築き脚光を浴びる。93年に全日本新人王となり、更に同年日本ライト級王座を獲得。96年には東洋太平洋同級王者となり、‘平成のKOキング’と呼ばれるようになる。過去4度世界同級タイトルマッチに挑戦。いずれも失敗するが、2000年の畑山隆則戦ではボクシング史上に残る名勝負を演じた。2000年には「こころの青空基金」を立ち上げ、和白青松園への支援活動を始める。
2006年1月、椎間板ヘルニアを克服して再起戦で勝利。

47戦39勝(29KO)7敗1分。2007年1月6日現役を引退。

現役引退後、同ボクシングジムでトレーナーを務め、2010年1月より独立。
引退後本格的に活動を始めた「こころの青空基金 SkyhighRingS~SRS~」で全国の児童養護施設で生活する子ども達へのこころの支援活動(SRSボクシングセッション)や、児童養護施設を退園し、プロボクサーを目指す子ども達への自立支援活動を精力的に行っている。
2010年8月より、東京都荒川区西日暮里にて「SRSボクシングジム」を開設。
会長としてトレーナー業に力を注いでいる。
また、講演活動、雑誌やテレビ、ラジオなど幅広く活躍の場を広めている。

■著書
『坂本博之 不動心』 構成企画 加茂佳子 日本テレビ
『ちくしょう魂』 編集 岸川貴文 小学館文庫
『僕は運命を信じない』 著 田中耕  西日本新聞社

講演タイトル例

教育・青少年育成 僕は運命を信じない

自分の人生は、自分の力で切り開く。 過酷な生い立ちから15年間の現役ボクシング生活の中で学び感じた、人との交流や愛情、また一所懸命打ちこむことの大切さや、結果だけでなく、その過程の中だけで得られる宝が...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.