「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

上原よう子 (K-9302)

  • HOME »
  • 上原よう子 (K-9302)

上原よう子 うえはらようこ

NPO法人虐待問題研究所代表

17年間の虐待経験があり虐待せず子育てしている事

医療・福祉関係者
男女共同参画 人権・平和

上原よう子のプロフィール

1982年生まれ 京都府京丹後市出身
生後から3歳まで実父に虐待され、3歳から17歳まで母の再婚相手の養父に虐待され、中学は自宅監禁されて登校させてもらえず、15歳で縫製工場へ就職するも賃金は全て義理の父親に没収されてパチンコ代に消える。17歳で京都府京丹後市からエスカレートする虐待から非難するため大阪へ逃亡。
翌年18歳で結婚し、その後3児をもうける。現在、夫、子ども3人の5人家族で、同じ虐待で苦しむ境遇の人達をサポートし、虐待防止活動を拡げるNPOを立ち上げ活動中。
子ども虐待防止の専門家としてマスメディアでも注目されている。

■経歴
1998年 京都府京丹後市大宮町立中学校卒業
同  年 縫製工場就職
2001年 結婚
2002年 第一子出産
2003年 第二子出産
同  年 虐待防止活動開始

■専門分野
児童虐待防止、子育て、教育など

■講演テーマ
・虐待から学んだ幸せの扉を開く鍵
・被虐待から考える子どもたちの守り方
・17年間の虐待と子どもの心をのばす方法
17年間被虐待経験を元に、虐待の背景、虐待された子の心理状態、将来及ぼす影響虐待する人としない人の違い、我々ができる虐待防止法、虐待のメカニズムについてお話させて頂きます。

講演タイトル例

男女共同参画 虐待から這い上がって掴んだ幸せな生活

子育ては虐待と紙一重です。 私がこれまでどのような虐待を受け、どのように絶え、どのように這い上がり幸せを掴んだのかお話しします。 また、子育てや躾(しつけ)などについてもお話しさせて頂きます。 【虐待...

プランへ移動

人権・平和 虐待から学んだ幸せの扉を開く鍵

人権・平和 被虐待から考える子どものたち守り方

人権・平和 17年間の虐待と子どもの心をのばす方法

17年間被虐待経験を元に、虐待の背景、虐待された子の心理状態、将来及ぼす影響 虐待する人としない人の違い、我々ができる虐待防止法、虐待のメカニズムについてお話させて頂きます。

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別