()

  • HOME »
  • 東明有美 (K-9554)

東明有美
とうめいゆみ

関東学園大学経済学部経営学科准教授 ビジネスコーチ 元サッカー日本女子代表

関東学園大学経済学部経営学科准教授 ビジネスコーチ 元サッカー日本女子代表

日本女子代表として国際大会に多数出場。女子サッカーを支えてきた第一人者。現在は講演活動の他ビジネスコーチとして企業コンサルティングにも携わる。2017年関東学園大学准教授に就任。これまでのキャリアを生かし、ジェンダーやスポーツビジネスなどマルチな視点で視野を拡げる指導を行っている。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
ソフトスキル モチベーション リーダーシップ
実務知識 人材・組織マネジメント

関連記事

働く女性の理想の働き方・キャリアアップ【労働組合女性向け講演プラン】

働き手として女性の力が求められている現代。 とはいえ、女性は男性と比べ様々なライフイベントの影響を受けやすく、自身の働き方について不安に思われている方も多いのではないでしょうか。 「こうあるべき」の押し付けではなく、自ら...

プランへ移動

東明有美のプロフィール

■経歴
1972年 岐阜県生まれ。兄の影響でサッカーを始める。
1988年 日本女子サッカーリーグ プリマハムFCくノー(現・伊賀FC)入団。
1993年 日本女子代表選出。1994年 アジア大会広島出場。
1995年 女子ワールドカップスウェーデン大会出場。天理大学体育学部卒業。(卒業論文テーマ「女子サッカー選手の性格分析」)。プリマハム株式会社入社。
1996年 アトランタオリンピック出場。
1998年 アジア大会バンコク出場。プリマハム株式会社退社。大阪教育大学教育学部修士課程入学。
1999年 女子ワールドカップアメリカ大会出場。
2000年 引退。(シーズン終了後)
2001年 大阪教育大学教育学部修士課程修了。(修士論文テーマ「女子サッカーの日米比較研究」)
株式会社電通入社。
2005年 株式会社電通退社。
2007年 財団法人日本サッカー協会 女子アンバサダー就任。財団法人日本サッカー協会「心のプロジェクト」夢先生就任。NPO法人日本オリンピアンズ協会 代議員就任。(4月より2年間)
2009年 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科入学。「組織」「女性」「リーダーシップ」をテーマに、スポーツ界を主な背景とした女性の社会的発言力や女性と男性とのマネジメント力の違いなどを研究。
2011年 日本サッカー協会 国際委員。
以降、2012年 公益財団法人日本サッカー協会国際委員就任を始め国内外問わず、様々なスポーツ団体の委員を務める。2014年 博士号取得。
2017年 関東学園大学経済学部経営学科准教授に就任。
スポーツ視点を持った社会行動学の研究から培った、組織やチームビルディングの在り方についての講義で学生からの人気も高い。また、女子サッカーの興隆を軸にリーダーシップやフォロワーシップ、チームビルディングをビジネス向けにわかりやすく 伝える講演、執筆などはあらゆる階層のビジネスマンに役立つと人気が高い。選手経験だけではなく、ビジネスの現場も経験しているという経歴を活かし、常にビジネスシーンへの活用を具体的に話ができるという部分において、高い評価を得ている。
現在は講演活動の他、ビジネスコーチとして雑誌「PRESIDENT」オンラインでもスポーツからビジネスへの転換人生について取材を受ける等、メディアでも活躍。

■主な講演・研修・イベント出演実績
香港日本人学校/ニューヨーク日本人学校/ニュージャージー日本人学校/則武若鮎サッカー少年団/大分県公立高等学校教職員組合/日産労連/大成ロテック/八女筑後地区学校保健会/文京区窪町小学校/株式会社サイゼリヤ/三井住友カード株式会 社/SMBCファイナンスサービス株式会社/関西リコー会/サイゼリア/明治フレッシュネットワーク/村田製作所/日立プラントサービス/日立情報通信エンジニアリング/キリングループ労働組合連合会/F5ネットワークスジャパン 他多数

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
組合員向けセミナー 2019年8月/三重県 製造業 非常に心に刺さるお話でした。フォロワーシップの内容….

実績をもっと見る

講演タイトル例

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別