政治・経済など農業を取り巻く諸情勢が大きく変わりつつある中で、先見性を養い健全なマネジメントを行う上での判断力を持つ必要があります。情報が錯綜する中で、自分たちにとって何が正しく何が必要なのか、テレビや新聞などマスコミの情報だけではわからないのが実情です。健全なマネジメントを行う上で、判断力を養うおすすめプランを紹介します。

JA改革の動向と今後の農業の行方

三橋貴明 みつはしたかあき
経世論研究所 所長

2007年 インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、内容をまとめた『本当はヤバい!韓国経済』がベストセラーとなる。リーマン・ブラザーズ破綻、ユーロ暴落の事前予測、韓国ウォンの暴落を07年春時点で警告するなど、先を読む確かな眼が注目を集める。

農業を取巻く諸情勢
~TPP、農政・農協「改革」の本質~

鈴木宣弘 すずきのぶひろ
東京大学大学院 農学国際専攻 教授

農業経済学の第一人者として農産物市場の活性化に尽力する農学博士。「食料の海外依存の状況と問題点」「環境負荷を改善する循環型農業」「農産物貿易自由化」など、提言は多岐にわたる。農産物市場の国民経済・環境への影響、世界の様々な階層への影響とその調整政策の解明に取り組んでいる。

流動化する日本政治の行方

伊藤惇夫 いとうあつお
政治アナリスト

安倍政権と日本の行方

長谷川幸洋 はせがわゆきひろ
東京新聞・中日新聞論説副主幹
ジャーナリスト
慶応義塾大学卒業後、中日新聞社入社。現在、東京新聞・中日新聞論説副主幹。首尾一貫した意見で、最もジャーナリズムを持ったジャーナリストとしてマスコミ等でも多方面に活躍中。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア―本当の権力者は誰か』(講談社)は、2009年の山本七平賞を受賞。

日本は今後どうあるべきかについて、その時点で最もホットな政治・経済・国際情勢の深層を首相、官房長官を含む政権中枢部への取材を加えて解説します。 安倍政権の重要課題とその背景、政局の内幕と今後の見通し、… (続きを読む)

アベノミクスの功罪
~いま日本経済に本当に起きていること

渋谷和宏 しぶやかずひろ
経済ジャーナリスト・作家
大正大学客員教授
「日経ビジネスアソシエ」創刊編集長を6年務め、経済・経営誌「日経ビジネス」の発行人などを経て2014年、日経BP社を退社し、独立。経済・経営やスキル&キャリアアップ、メディア論についての執筆活動を行う一方、テレビ、ラジオでコメンテーターを務める。作家として情報ミステリーも執筆。

今後の政局・安倍政権の行方

小林吉弥 こばやしきちや
政治評論家

永田町取材歴40余年を通じて、抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析幅広く活躍する気鋭の政治評論家。歴代実力政治家を叩き台にした指導者論・組織論への評価は高い。田中角栄人物研究の第一人者。『経済往来』を経て独立、フリーの記者活動に入る。1968年から政治評論家となり、現在に至る。