「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

田久朋寛 (K-12888)

  • HOME »
  • 田久朋寛 (K-12888)

田久朋寛 たきゅうともひろ

大道芸人たっきゅうさん ユーモアセラピストたっきゅうさん

京都大学大学院 人間・環境学研究科博士課程退学、日本笑い学会正会員という異色の経歴を持つ。コミカルなトークとともにジャグリングを見せる王道スタイルの大道芸を得意とし、笑いを通して、高齢者の社会的なつながりを取り戻し、健康になってもらうことがコンセプトの「ユーモアセラピー」講演も好評。

タレント・芸能関係者
その他イベント 健康

田久朋寛のプロフィール

■経歴
京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程にまで進学しながら、退学後にプロの大道芸人になった頭脳派大道芸人。京都パフォーマンスフェスティバル最優秀賞、芸術祭神戸ビエンナーレ入賞など賞歴を多数持ち、日本最難関の海遊館でのパフォーマンス権をオーディションで勝ち取るなどの実力派。
また、芸人向けのアプリ開発を行い、それがNHKや毎日新聞含む多くのメディアに報道されている。

大学院での専攻はソーシャル・キャピタル論。ソーシャル・キャピタルとは、信頼をベースにした人と人との絆のことで、絆がどのような要因で形成されるのか、絆が強い地域はどのような良い影響が出るのかといったトピックを、統計学の手法を用いて研究を重ねる。その中で、笑いこそソーシャル・キャピタルを豊かにする力があると確信。現在、笑いを通じて孤立しがちな高齢者の社会的つながりを取り戻す「ユーモアセラピー」を展開中。また、2018年に健康生きがいづくりアドバイザーの資格を取得し、定年後の生きがいづくりをテーマとした講演会も行っている。

日本笑い学会の正会員。大道芸の笑いを学術的に研究する理論派としても有名。自らの大道芸の統計データを解析し、気候や空間特性が観客の深層心理に与える影響についての計算式を考案し、京都新聞や毎日新聞など多数のメディアに取り上げられる。

高齢者のみならず、病気で入院中の子どもを訪問して大道芸をする社会貢献活動にも尽力。
モットーは「笑いが少ないけれども本当は必要なところに笑いを届ける」。

講演タイトル例

その他イベント 京大卒大道芸人たっきゅうさんの楽しくタメになる
大道芸と社会科を融合した「大道芸エデュテインメント」

京都大学経済学部卒業という異色の経歴を持つ大道芸人「たっきゅうさん」こと田久朋寛が、地理のクイズ、世の中の仕組みを学ぶコーナー、プレゼンの極意などといった、子供に役に立つ社会科の知識とコミカルな大道芸...

プランへ移動

健康 笑う門には福来るは本当だった!?
京大卒大道芸人が笑いの効用について楽しく解説します!

受講者の皆様には、まず大道芸の実演を見て、たっぷり笑っていただきます。そのあとに、笑いが心身の健康に欠かせない要素であることをお話します。笑いの効果を体感していただくために、最後は笑いヨガという、笑い...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別